アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
すみれ咲く国へようこそ(webry版)
ブログ紹介
宝塚歌劇など舞台が大好きです。更新回数は少なくても愛情はタップリに綴るブログにします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『ミス・サイゴン』25周年ソフト日本盤が発売
『ミス・サイゴン』25周年ソフト日本盤が発売 まどか:れなです。まだ今後の上映が予定される映画館もあるのですが、ミュージカル『ミス・サイゴン』のロンドン25周年記念公演を収録した映像ソフトが、やっと2017年10月6日に日本でも字幕付きで発売となります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/20 13:35
神戸小劇場のOSK〜宝塚は月組公演開幕
まどか:れなです。一昨日7月13日には、初進出となる神戸の小劇場シアター・エートーでのOSK日本歌劇団公演が始まって、続く14日は宝塚歌劇・月組の大劇場公演が開幕しました。各回ごとの規模を比較したら、座席数には1:26の大きな開きがありますが、開催の意義・内容に対しての興味では、神戸の小劇場も負けません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/15 11:25
御園座から観劇料金が発表され広がる衝撃
まどか:れなです。御園座の公式サイトで情報をチェックしていたら、2018年4月・5月の料金設定が掲載されていたのですが、その金額を見て驚きました。衝撃は私だけの印象ではなく、かなり広範囲に及んでいますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/11 18:00
演目未発表ですが宙組の次期メンバーには
まどか:れなです。私のブログは海外の演劇を含めて、公演情報の紹介が更新内容の中心になっているため、まだ最初の演目が未発表である点で迷いましたが、待っていると宙組軽視だと怒られそうなので、次期体制の中核メンバー3人が固まった話題を紹介しておきます。男役の2番手スターとして、芹香斗亜さんが加わりますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/07 17:10
過去30年間でブロードウェイの興行規模は
まどか:れなです。私は他の演劇ファンやミュージカル愛好家と比較したら、かなり意識して海外の情報を集めていますが、最新の公演予定だけではなく、20年・30年前のブロードウェイと今の違いを探るのも楽しいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/03 17:55
今後の宝塚観劇予定(新しい青年館は遠く)
まどか:れなです。今日は日比谷の劇場で観劇しましたが、東京宝塚劇場の雪組公演ではなく、隣り合う日生劇場でのオペラ『ラ・ボエーム』です。もちろん雪組の舞台は後日予定していますが、先行で確定させた1回分だけで、星組『スカピン』のように、当日券を買い求めて追加する考えはありません。前半で上演するお芝居の基になっている映画『幕末太陽傳』が、有名な作品とは知っているものの苦手なので、1度観れば十分だと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 17:30
『メンフィス』トリオがダイアナ妃ミュージカル
まどか:れなです。脚本ジョー・ディピエトロ、音楽デヴィッド・ブライアンといえば、日本版が上演されているミュージカル『メンフィス』を書いたお二人ですが、そこにブロードウェイ版を手掛けた演出家クリストファー・アシュリーさんを加えて『メンフィス』を成功に導いたトリオが、新作ミュージカルに取り組みリーディング段階に来ています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 10:00
OSKで11月〜12月『ドラキュラ』大阪公演
OSKで11月〜12月『ドラキュラ』大阪公演 まどか:れなです。紹介が遅れただけで、実際には6月16日付けで解禁されている公演情報ですが、OSK日本歌劇団では悠浦あやとさん・恋羽みうさん中心の構成で、11月下旬から『ドラキュラ』を心斎橋で上演します。 OSK日本歌劇団公演 『Dracula (ドラキュラ)』   作・演出:北林佐和子  出演:悠浦あやと、恋羽みう、愛瀬光、りつき杏都、登堂結斗、     すばる未来、壱弥ゆう、彩ひとみ、雪妃詩、紫咲心那、     蘭ちさと、渚美怜+朝香櫻子(特別専科)  大丸心斎橋劇場 2017年... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/19 05:45
OSK:たけふ公演の料金は再び変更ですね
OSK:たけふ公演の料金は再び変更ですね まどか:れなです。昨日6月17日から大阪松竹座で、恒例の主力公演『春のおどり』が始まったOSK日本歌劇団ですが、それに合わせて秋の公演予定が複数明らかになっていますね。その中から今回の記事では、福井県越前市で毎年1か月規模で開催される「たけふ菊人形」での公演情報を、解禁された画像と一緒に紹介します。 OSK日本歌劇団 2017たけふ菊人形公演   『OSKシンフォニー』 作・演出・振付:麻咲梨乃  出演者:楊琳、舞美りら、翼和希、千咲えみ、実花もも、桃葉ひらり、      由萌ななほ、穂... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 09:20
星組スカピン再演が終わって残る私の後悔
まどか:れなです。昨日6月11日で、星組による『スカーレット・ピンパーネル』2017年公演が全ての日程を終えましたね。私は東京の終盤に4度目を目指して、泊まり勤務明けで当日券を買いに行くつもりでしたが、観劇とは全く関係の無い用事で仕方なく諦めました。本当に楽しい公演だったので、最後の狙いが実現出来なかった点だけに悔いが残ります。星組の現・主演コンビについては、確かに上手とは言えない部分が多くありますし、持ち味や経歴に関して批判的な意見を持つ宝塚ファンが少なくないのは十分承知していますが、『スカピ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/12 17:05
トム・サザーランドさんに対する評価の変遷
まどか:れなです。評価の高かった『タイタニック』と『グランドホテル』に続いて、2017年は北翔海莉さん主演『パジャマゲーム』を手掛けるトム・サザーランドさんですが、近作は基盤の英国で評価が大きく変化しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/09 17:55
今日は三越劇場・新派『黒蜥蜴』観劇でした
今日は三越劇場・新派『黒蜥蜴』観劇でした まどか:れなです。今日は劇場として大好きですが、残念ながら必ずしも客層が良くない三越劇場に行って、新派版『黒蜥蜴』の初観劇でした。緑郎さんと雪之丞さんの同期コンビにとって、自分たちのために書かれた新作に出演するのは初めてですね。先に結論を書いてしまうと、付け足し部分は効果的でなく、本筋は好印象でした。 三越劇場 劇団新派公演 『黒蜥蜴』   2017年6月6日(火) 11時00分開演  原作:江戸川乱歩 脚色・演出:齋藤雅文 製作:松竹  出演:喜多村緑郎(明智小五郎)、河合雪之丞(緑川... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/06 15:35
『オリエント急行』2017年版ポスター画像を
『オリエント急行』2017年版ポスター画像を まどか:れなです。2017年版の日本公開は12月予定で、どうやら題名は『オリエント急行殺人事件』になるようですね。小さいと真っ黒に見えるかも知れませんが、この作品らしい海外のポスター画像を貼り付けました。 映画 『オリエント急行殺人事件』 Murder on the Orient Express  2017年11月10日 米国公開  原作:アガサ・クリスティ 監督:ケネス・ブラナー  脚本:マイケル・グリーン 音楽:パトリック・ドイル  出演:ケネス・ブラナー、ペネロペ・クルス、ウィレ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/02 14:30
四季:大井町キャッツ〜『パリのアメリカ人』
まどか:れなです。早朝から劇団四季関連の話題で大騒ぎになっていますね。興味深いニュースは幾つもあるのですが、私は東京生活(多摩地区在住)なので、より普段の観劇に直結する2つの情報に絞って紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/31 06:40
OSKから7月中旬の神戸小劇場公演続報
OSKから7月中旬の神戸小劇場公演続報 まどか:れなです。チケット販売サイトでは、ずっと前から余り変わらない分量の関連情報が掲載されていたのですが、やっとOSK公式サイトに出ましたので、神戸にある小劇場での公演情報に関する続報を紹介します。 OSK日本歌劇団公演 『HIDEAWAY 〜ハイダウェイ〜』   作・演出:荻田浩一 振付:伊賀裕子、原田薫  出演:華月奏、翼和希、城月れい、麗羅リコ、栞さな、穂香めぐみ、     壱弥ゆう、雅晴日 《休憩なし・90分》  神戸三宮シアター・エートー    2017年... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/27 18:00
2018帝劇『MA』と2019梅芸『ファントム』
まどか:れなです。私が記事を書いている時点では、東宝・梅芸のどちらからも正式な発表は無いので、単なる噂話として受け止めるのが正解でしょうが、韓国で手を加えて上演されている形での『マリー・アントワネット』と『ファントム』が、それぞれ2018年と2019年に日本でも上演されるという情報が流れています。『MA』は東宝が権利を買って帝劇に登場し、『ファントム』も過去に別版を上演している梅田芸術劇場が購入した顧客だそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/23 10:15
2018春『ジキル&ハイド』:笹本さん別役で
2018春『ジキル&ハイド』:笹本さん別役で まどか:れなです。翻訳ミュージカルとして、1つの頂点に達したと絶賛された前回公演から2年で、石丸幹二さん主演では3度目の『ジキル&ハイド』が帰って来ます。笹本玲奈さんはルーシー役での再登場となりますね。 ミュージカル 『ジキル&ハイド』 音楽:フランク・ワイルドホーン   演出:山田和也 上演台本・詞:高平哲郎   企画・製作:東宝、ホリプロ  出演:石丸幹二〜ジキル&ハイド、     笹本玲奈(濱田めぐみ)〜ルーシー・ハリス、     宮澤エマ(笹本玲奈)〜エマ・カルー、    ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/18 17:50
ベット・ミドラーさん版『ドーリー!』聴きました
ベット・ミドラーさん版『ドーリー!』聴きました まどか:れなです。ブロードウェイで圧倒的な人気を集めて上演中の『ハロー・ドーリー!』ですが、私は今回の再演キャスト盤を聴く事が出来ました。映画版や剣幸さんが主演した見事な日本版で作品自体は鑑賞済みながら、現在の基準に適う音質の公式音源が無い作品だったので、その点でも再演には心から感謝したいですね。 声の強さや音域の広さ、或いは超絶的技巧で感嘆させるような大ソロ曲があるミュージカルではないので、物足りないと感じる人がいるかも知れませんが、誕生当時でも古典寄りの手法で書かれた作品ですから、20世紀... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/13 16:20
仮に星組と日生劇場の演目が反対だったら
まどか:れなです。星組『スカーレット・ピンパーネル』の東京宝塚劇場公演が始まって、これから6月11日の千秋楽まで、まだまだ宝塚ファンには楽しみな日々が続きますね。もちろん私は観劇予定で早めにチケットを確保してあるのですが、演目の楽しさを考えると頑張って追加したくなります。そして隣接の日生劇場では同じ小池修一郎さんの脚本・演出ではあるものの、宝塚版とは別の音楽による新たな『グレート・ギャツビー』が開幕しますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/06 13:55
『ドリームガールズ』/ブリトニーさんの曲でも
まどか:れなです。今回の記事では海外ミュージカルに関する情報2本を、詳細未発表の段階ですが簡単に紹介します。1つはブロードウェイ進出が確定の話題で、もう一方は今後ミュージカル制作を目指すとの速報です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 07:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

すみれ咲く国へようこそ(webry版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる