テーマ:宝塚歌劇

中日ビルを去って宝塚歌劇が向かう先は?

まどか:れなです。宝塚歌劇と応援するファンにとって、毎年冬の恒例行事だった中日劇場公演は、2018年2月の星組を最後にして、その歴史に幕を下ろします。さらに今日は同じ中日ビルに入居している宝塚歌劇関連商品の専門店キャトルレーヴの名古屋店も、2018年3月25日限りで営業終了と発表がありました。これまで中日劇場で開催されてきた公演から、相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新体制雪組:大劇場お披露目公演が開幕も

まどか:れなです。きのう11月10日には、雪組が新体制で臨む大劇場お披露目公演が開幕しました。前半のお芝居は1幕物ですが、楽曲全てがフランク・ワイルドホーンさん提供という話題性もあり、歌唱力に期待の高い新コンビにとって、得難い新作での本拠地デビューとなっているようです。きっと東京でも盛り上がるでしょうね。 歓喜に満ちた個人ファンの視点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸小劇場のOSK~宝塚は月組公演開幕

まどか:れなです。一昨日7月13日には、初進出となる神戸の小劇場シアター・エートーでのOSK日本歌劇団公演が始まって、続く14日は宝塚歌劇・月組の大劇場公演が開幕しました。各回ごとの規模を比較したら、座席数には1:26の大きな開きがありますが、開催の意義・内容に対しての興味では、神戸の小劇場も負けません。 現在の日本舞台公演で、娯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演目未発表ですが宙組の次期メンバーには

まどか:れなです。私のブログは海外の演劇を含めて、公演情報の紹介が更新内容の中心になっているため、まだ最初の演目が未発表である点で迷いましたが、待っていると宙組軽視だと怒られそうなので、次期体制の中核メンバー3人が固まった話題を紹介しておきます。男役の2番手スターとして、芹香斗亜さんが加わりますね。 11月中旬で東京宝塚劇場での公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後の宝塚観劇予定(新しい青年館は遠く)

まどか:れなです。今日は日比谷の劇場で観劇しましたが、東京宝塚劇場の雪組公演ではなく、隣り合う日生劇場でのオペラ『ラ・ボエーム』です。もちろん雪組の舞台は後日予定していますが、先行で確定させた1回分だけで、星組『スカピン』のように、当日券を買い求めて追加する考えはありません。前半で上演するお芝居の基になっている映画『幕末太陽傳』が、有名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星組スカピン再演が終わって残る私の後悔

まどか:れなです。昨日6月11日で、星組による『スカーレット・ピンパーネル』2017年公演が全ての日程を終えましたね。私は東京の終盤に4度目を目指して、泊まり勤務明けで当日券を買いに行くつもりでしたが、観劇とは全く関係の無い用事で仕方なく諦めました。本当に楽しい公演だったので、最後の狙いが実現出来なかった点だけに悔いが残ります。星組の現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮に星組と日生劇場の演目が反対だったら

まどか:れなです。星組『スカーレット・ピンパーネル』の東京宝塚劇場公演が始まって、これから6月11日の千秋楽まで、まだまだ宝塚ファンには楽しみな日々が続きますね。もちろん私は観劇予定で早めにチケットを確保してあるのですが、演目の楽しさを考えると頑張って追加したくなります。そして隣接の日生劇場では同じ小池修一郎さんの脚本・演出ではあるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花組全国ツアー公演を横浜会場で観ました

まどか:れなです。今日は賑わう週末の山下公園を眼下に望む神奈川県民ホールで、宝塚歌劇団・花組の全国ツアー公演を楽しみました。すぐ近所の神奈川芸術劇場で観た時には、轟理事の相手役でリンカーン夫人を演じていた仙名彩世さんが、奇跡の逆転劇で花組娘役のトップに就任して、これがお披露目公演となっています。 神奈川県民ホール 宝塚歌劇団・花組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月組・東京公演に大満足も不思議な感覚が

まどか:れなです。昨日は東京宝塚劇場に行って、既に日程の終盤を迎えた月組公演を楽しんで来ました。お芝居の『グランドホテル』は難しい作品で、特定の曲やダンス、或いは決め台詞のようなものを披露すれば、それで観客が納得する構成ではないので、大きな丸印を付ける完成度には程遠いと思いますが、十分に物語の魅力は伝わりましたし、第2部は新体制となった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚でロベスピエールが主人公の座を獲得

まどか:れなです。また大嘘を書く宝塚ファンが大量に出ると思うので、その人たちよりは常識のある私が先に指摘しておきますが、全国ツアー公演でお披露目を済ませた雪組の次期主演コンビが、最初に大劇場~東京でトップとして出演する作品が発表されましたね。いわゆる「大劇場お披露目公演」で、それ以前に上演する作品を「プレお披露目」などと呼ぶのは明らかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙名彩世さん=彩花まりさんだった可能性?

まどか:れなです。『宝塚巴里祭』を含めて、3班体制となる宙組公演の振り分けが発表されましたね。どれも行く予定が無いので、メンバー構成に喜び・落胆は感じませんが、彩花まりさんは真風さんと『巴里祭』班ですね。 博多座『王家に捧ぐ歌』で大役アムネリスに起用され、美しい歌声を披露して堂々と演じ切った時には、同期に比べて出遅れた印象ながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くの娘役に活躍機会なら別枠公演活用を

まどか:れなです。宝塚歌劇団から現任の実咲凜音さんが退団した後の宙組では、娘役のトップを当面決めないと発表されてから、少しくらい時間が経過しても私の不満は静まりません。逆に苦しい想いは強くなりました。 より多くの娘役に活躍のチャンスを与えるような口ぶり(公式発表)ですが、トップを置かない形が機会を広げる立派な施策だと受け入れるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月組『アーサー王』:私は今夜から直前予習

まどか:れなです。既に全国ツアー公演で組んでいて、その時点から実質的には新体制が始まっていた気はしますが、形の上でも新たな主演コンビとなっての月組公演『アーサー王伝説』が始まりましたね。15時ちょうど開演ですから、休憩を含めて3時間近い公演も本編は終了した頃だと思いますが、観劇した皆さんの報告が出回るまでに、もう少し時間が必要なのかも知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

礼真琴さんのショーヴラン役/入団後の年数

まどか:れなです。宝塚歌劇版としては3度目となる2017年の星組『スカーレット ピンパーネル』で、ショーヴラン役を演じるのは礼真琴さんです。2010年の月組は役替わりがあったので、演者は通算4人目となりますね。 (1) 星組・初演   ショーヴラン役~柚希礼音(1999年入団=9年目)  宝塚大劇場 2008年6月20日(金)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宙組ハプスブルク家の領地は東京の多摩?

まどか:れなです。2016年・宙組『エリザベート』新人公演で主演を務めるのは、トート役が瑠風輝(るかぜ・ひかる 2012年入団 東京都調布市出身)、エリザベート役・星風まどか(2014年入団 同国分寺市出身)というお二人ですね。他地域に暮らす皆さんに何も感じる部分は無いと思いますが、共に東京・多摩の出身なのです。 大都会に程遠いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星組お披露目並行作と大劇場1作目の演目

まどか:れなです。今日は宝塚歌劇団から星組公演の演目が2本発表になって、注目度からすれば新体制の大劇場1作目が『スカーレット・ピンパーネル』になった話題が上位でしょうが、今回の記事では時間の流れを優先して、大劇場前に開催のお披露目公演と並行するバウ作品を先に紹介します。主演は七海ひろきさんですね。 星組 宝塚バウホール公演   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3日間の福岡・長崎観劇遠征を満喫しました

すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。私は5月26日の午後から28日の深夜にかけて、3日間の九州観劇遠征に行って来ました。実際に舞台を観たのは福岡~長崎・佐世保~福岡の3会場で、宿泊は2日とも佐世保です。平田愛咲さんがベルを演じる四季『美女と野獣』は内容が充実していましたし、博多座では宙組公演『王家に捧ぐ歌』を最終日に2回観劇という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの頃の月組から3人目の専科異動を発表

まどか:れなです。現在は月組に籍を置く宝塚歌劇団の男役スター・凪七瑠海さんが、2016年9月5日付けで専科に異動すると発表されました。一時期の月組公演を盛り上げた8人の主力級スターから、沙央くらまさん・星条海斗さんに続いて、凪七さんで3人目の専科入りとなります。どれほど層が厚かったのか、良く分かりますね。 新人公演やバウホール・ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚歌劇団の新トップ出身地とHTB歌劇団

まどか:れなです。単なる偶然で片付ければ一言で終わりですが、ハウステンボス歌劇団の誕生~拡大は、業界最大手・宝塚歌劇団の新トップスターさん出身地と連動していますね。たまたまでも重なるのは怖いくらいです。 ☆ハウステンボス歌劇団 長崎県佐世保市で活動開始・・・2013年7月  ↓ ↓ ↓ ★宝塚・雪組 早霧せいなさん(佐世保市出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京『るろうに剣心』~小柳奈穂子さんの話

まどか:れなです。もう6日も過ぎましたが、2月・大劇場以来だった雪組『るろうに剣心』東京公演観劇後に、あれこれ考えたお話を記事に残しておきます。公演には直接関係しない小柳奈穂子さんまで、内容は3部構成で。 (1) 宝塚歌劇作品としての成功には洋物の要素が重要 ほぼ時代劇と呼べるほどチャンバラ色が濃厚で、剣心自身は逆刃ながら日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪組『るろうに剣心』は安心充実の娯楽作品

まどか:れなです。今日は東京宝塚劇場が連日超満員で、大好評上演中の雪組『るろうに剣心』を楽しみました。2月に大劇場で観劇して以来、私にとっては2度目の『るろ剣』でしたが、舞台公演との親しみ方や年代などを問わずに、幅広い層の観客が笑顔で劇場を後に出来る見事な娯楽作品だと、改めて魅力を確認した印象です。 東京宝塚劇場 雪組公演 浪漫活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かつて名古屋宝塚劇場が存在していた場所

まどか:れなです。私が生まれる何十年か前のお話ですが、日本全国には幾つもの「宝塚劇場」が存在していました。こうしたお話を書くと実際に古い時代を知っている人には、それは映画館だと指摘を受けるでしょうね。でも現在のように設備の整った大規模ホールが日本中に建設されるまで、映画館はフィルムの上映限定の会場ではなく、歌やお芝居、演芸などの実演を披…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月組10月バウ主演は専科の星条海斗さん

まどか:れなです。次期主演コンビ中心の『アーサー王伝説』と並行での開催となる10月の月組バウホール公演は、専科所属の星条海斗さん主演と発表されました。ただし主演だけれど脇役キャラ確定のような印象も? 宝塚歌劇団・月組 宝塚バウホール公演 作・演出:谷正純  Bow musical 『FALSTAFF』   ~ロミオとジュリエッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千秋楽の挨拶には「仰げば尊し」ですよね?

まどか:れなです。大阪の梅芸シアター・ドラマシティ~宝塚歌劇としては初登場の神奈川芸術劇場(ホール)と上演されてきた花組『リンカーン』が、今日15時開演の回で最後の幕を下ろしました。組長の高翔さんから紹介されて挨拶を始めたリンカーン役主演・轟悠さんは、何を語り出すか観客を不安にさせるタイプなのですが、今回繰り広げた技が、予告抜きに突然の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016宙組『エリザベート』で主要5役発表に

まどか:れなです。2016年・夏~秋の宙組『エリザベート』で、主演コンビ以外を含む主要5役のキャストが発表されました。真風さんがフランツとルキーニ、どちらを演じるのか注目されましたが、序列通りのフランツ役となりましたね。ルキーニは『TOP HAT』のペディーニに続いて、愛月さんが再びイタリア人役を演じます。 宝塚歌劇団 宙組公演 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月・節目は『ハムレット』で良かったのでは?

まどか:れなです。今さら語ったところで何も変わらない戯言ですが、大きな節目を迎える宝塚歌劇団・月組の次回大劇場~東京宝塚劇場の演目を知って、ロック・オペラ 『HAMLET!!』の改訂版で十分足りると感じました。 宝塚歌劇団・月組 ロック・オペラ 『HAMLET!!』   原作:W・シェイクスピア 脚本・演出:藤井大介  出演:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚歌劇:雪組演目発表が呼ぶ危険な落胆

まどか:れなです。休演者多数で大混乱も、公演内容は好評な雪組『るろうに剣心』ですが、もう次の大劇場~東京宝塚劇場での上演作品が発表されています。ただ作品のタイトルや作者名を眺めても、売り物が無いという落胆しか感じなかった私は、話題作が並んだ最近の雪組公演に感覚が狂って、危険な状態にあるようですね。 《2016年の主な雪組公演》 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から梅芸MHで星組『LOVE & DREAM』

まどか:れなです。宝塚歌劇団・星組『LOVE & DREAM』は、今日23日(土)に梅芸MH公演が開幕します。28日までの6日間(休演日を挟むため実質5日間)で8回のみの短期ですが、関西地区で待っていた皆さんにも、愛と夢が満載の舞台を楽しんでもらえますね。予告通りに前半がディズニー、後半は宝塚歌劇の楽曲に絞って、華やかな愛と夢の世界が展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日1月17日は複数の舞台公演が千秋楽

まどか:れなです。明日1月17日には、私がブログで何度も情報を紹介し、実際に観劇も果たした舞台公演3作品が、それぞれ千秋楽を迎えます。1本は違う会場での日程を残しますが、今回の記事ではまとめて簡単に。 ☆『ダンス オブ ヴァンパイア』   愛知県芸術劇場・大ホールにて大千秋楽 今でも2015年の楽しい思い出として、帝劇公演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚でディズニー版『シンデレラ』上演ならば

まどか:れなです。北翔海莉さん・妃海風さんの主演コンビを中心に、東京国際フォーラムのホールCで上演中の宝塚歌劇団・星組公演は、開幕からとても好評のようですね。私も短い期間中に1度だけの観劇が非常に楽しみなのですが、今回の公演は2部構成の前半がディズニー楽曲に絞った内容で、それが今後への期待感を刺激してくれます。特化したCD発売やコンサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more