テーマ:演劇

悪名高いチケキャンが機能停止の影響は?

まどか:れなです。サービス名の略称を書くのも汚らわしいのですが、悪名高いチケキャンが機能停止状態となって、単に他の会社に移行するだけでなければ、観劇を希望する私たちファンにとって、良い影響が明確に表れるのも近いのでしょうね。もちろん本来認められない不法な中間業者が勝手に介在して、暴利をむさぼる問題は重要ですが、それに加え私たちが困ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報:来夏の演舞場は『NARUTO』歌舞伎版

まどか:れなです。まだ速報で掲載可能な情報は非常に少ないのですが、どこで何を上演するのか明確な、歌舞伎版『NARUTO』の新橋演舞場公演を紹介します。松竹は『ワンピース』路線で、徹底して攻める姿勢ですね。 新作歌舞伎 『NARUTO -ナルト-』   新橋演舞場 2018年8月 製作:松竹  原作:岸本斉史 脚本・演出:G2  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トム・サザーランドさんに対する評価の変遷

まどか:れなです。評価の高かった『タイタニック』と『グランドホテル』に続いて、2017年は北翔海莉さん主演『パジャマゲーム』を手掛けるトム・サザーランドさんですが、近作は基盤の英国で評価が大きく変化しています。 《英国でのトム・サザーランドさん演出作品に対する評価》 ☆『タイタニック』・・・5段階中の5 ☆『グランドホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は三越劇場・新派『黒蜥蜴』観劇でした

まどか:れなです。今日は劇場として大好きですが、残念ながら必ずしも客層が良くない三越劇場に行って、新派版『黒蜥蜴』の初観劇でした。緑郎さんと雪之丞さんの同期コンビにとって、自分たちのために書かれた新作に出演するのは初めてですね。先に結論を書いてしまうと、付け足し部分は効果的でなく、本筋は好印象でした。 三越劇場 劇団新派公演 『黒蜥蜴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新派『華岡青洲の妻』千秋楽を観劇しました

まどか:れなです。今日は劇団新派の初春公演千秋楽で、私も1階席前方で観劇を済ませました。終演後に劇場を出ようとしたら、舞台公演ではお馴染みの顔が目の前にあって、中村獅童さんと一緒の観劇だったようです。 三越劇場 劇団新派初春公演 『華岡青洲の妻』   2017年1月23日(月) 11時00分開演 【千秋楽】  出演:河合雪之丞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新派で三越劇場2017年6月公演『黒蜥蜴』

まどか:れなです。最初に断っておきますが、三島由紀夫版ではありません。それでも江戸川乱歩の原作による舞台『黒蜥蜴』を新派の公演で観られるのは楽しみで、私は必ず三越劇場に行くと今から宣言しておきます。 六月新派花形公演 『黒蜥蜴』 原作:江戸川乱歩 脚色・演出:齋藤雅文  出演:喜多村緑郎、河合雪之丞、秋山真太郎、春本由香、永島敏行 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年の帝劇公演が(ほぼ)確定しました

まどか:れなです。堂本光一さん主演『Endless SHOCK』2017年公演(2~3月・帝劇、9月・梅芸MH、10月・博多座)が正式に発表されました。誰が何を言わなくても必ずあるのは決まっているのですが、これで落ち着いて観劇計画を立てられる人もいる事でしょう。そして2017年の帝劇公演全体も、ほぼスケジュールは確定ですね。 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン・NY以外の主要劇場が果たす役割

まどか:れなです。海外事情には余り~全く興味が無くても、熱心な演劇ファンなら多少は情報の蓄積があると思いますが、世界中で最も活発に舞台公演が展開しているロンドン・ニューヨークの主要劇場は、大半がロングラン体制を前提にして公演日程を組んでいます。今では10年を超える長期公演継続も異例ではなくなりました。 ウェストエンドやブロードウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛加あゆさん舞台『FAIRY TAIL』ルーシィ役

まどか:れなです。注目の舞台版『FAIRY TAIL』ではキャスト情報が続々と明らかになって、ヒロインのルーシィ役には愛加あゆさんが発表されました。アニメ版のルーシィといえば平野綾さんで、東宝『エドウィン・ドルードの謎』で共演する壮一帆さんは愛加さんが雪組時代の相手役ですから、ただ偶然と呼ぶには関連が深いですよね。 舞台 『FAI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日1月17日は複数の舞台公演が千秋楽

まどか:れなです。明日1月17日には、私がブログで何度も情報を紹介し、実際に観劇も果たした舞台公演3作品が、それぞれ千秋楽を迎えます。1本は違う会場での日程を残しますが、今回の記事ではまとめて簡単に。 ☆『ダンス オブ ヴァンパイア』   愛知県芸術劇場・大ホールにて大千秋楽 今でも2015年の楽しい思い出として、帝劇公演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い:梅花歌劇団の情報を教えてください

まどか:れなです。何でも聞きたがる「おしえてちゃん」がネット上で嫌われるのは常識ですが、題名の件に関しては時間を費やしても情報が増えないので、もっと関連する事情に詳しい皆さんにお願いしたいと思っています。 2016年4月スタートの梅花歌劇団(芸術監督:謝珠栄さん)は、何を目指しているのでしょうか? 【私の想像1】 純粋に学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台『FAIRY TAIL』児玉明子さん脚本・演出

まどか:れなです。まだ速報段階で、詳しい情報は明らかになっていませんが、『FAIRY TAIL』の舞台化がが新たに発表され、『女海賊ビアンカ』や大規模な『NARUTO』で実績を残す児玉明子さんが、脚本・演出を担当します。 《画像は公式サイトのトップから借用》 舞台版 『FAIRY TAIL』 原作:真島ヒロ  脚本・演出:児玉明子 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ワンピース』:上演時間と大阪松竹座日程

まどか:れなです。新橋演舞場のスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』初日を迎えて、とても長い上演時間が明らかになりました。そして来年3月と告知済みだった大阪松竹座の詳しい日程も発表されています。いよいよ本番が幕を開けて、話題性以上に盛り上がるでしょうか? 『ワンピース』 夜の部 上演時間  第1幕 16時30分~17時40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015『エリザベート』のヘレネ・原宏美さん

まどか:れなです。昨日は午後から新宿地区(最寄駅は丸ノ内線の西新宿)に出掛けて、映画演劇文化協会が無料の上演企画として提供しているミュージカル『ワーキング』を観てきました。男・女3人ずつの出演者が様々な登場人物を演じるのですが、目の前で熱演ぶりに接して最も注目したのは、女性役の1人・原宏美さんです。 ミュージカル 『ワーキング』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八代目の中村芝翫に(息子さん三人も襲名)

まどか:れなです。中村橋之助さんが、故人である父に続いて、八代目・中村芝翫(しかん)を襲名すると発表がありました。息子さん三人も合わせて新たな名前を名乗ります。 中村橋之助(三代目) ⇒ 中村芝翫(八代目) 中村国生《長男》 ⇒ 中村橋之助(四代目) 中村宗生《次男》 ⇒ 中村福之助(三代目) 中村宜生《三男》 ⇒ 中村歌之…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年12月から6ヶ月間は日生劇場休館

まどか:れなです。ずっと気付かずにいて恥ずかしいのですが、2015年12月から6ヶ月間に亘って、東京・日生劇場は改修工事のために休館するのですね。2014年4月18日付けでの告知ですから、1年半前には把握していた演劇ファンがいた訳で、今後は私も重要な情報を見逃さないように、十分注意しようと反省しています。 日生劇場で、2015年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇団四季キャナルシティ回帰発表は吉報?

まどか:れなです。福岡キャナルシティへの回帰が発表されて、劇団四季による上演体制拡充を望んでいる限定的なファンからは、大歓迎の声が上がっていますが、専用だった福岡シティ劇場から名称変更して以降、近隣の博多座を補完するようにして、中劇場タイプの演目から比較的規模の大きな作品の連続公演まで、キャナルシティ劇場として担ってきた役割の多様性を考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝表面化の『ひょうたん島』騒動に嫌悪感

まどか:れなです。最初に断っておくと、私個人としては全く観劇意欲が湧かない企画なので、直接の被害者にはならないのですが、舞台版が発表された『ひょっこりひょうたん島』に関して、けさ大騒動が表面化しましたね。 準備の早期段階で法的な対応策を探る選択肢もあったのに、公演予定がネット・スポーツ紙などで大々的に明らかにされて、恐らくは観劇の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年前半観劇作品:ワースト2・ベスト8

まどか:れなです。今回の記事では6月30日までの2015年前半に観劇した舞台公演から、ワースト2とベスト8の合計10本を紹介します。ワーストの内1本には激怒する人もいそうですが、私の偽らない率直な感想です。 ワースト2本  ☆ミュージカル『ボンベイドリームス』      (東京国際フォーラム・ホールCで2月に1回)  ★宝塚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:日生劇場『嵐が丘』千秋楽

まどか:れなです。赤坂ACTシアターで雪組公演の初日を観た後は地下鉄で日比谷まで移動して、G2さんの脚本・演出による『嵐が丘』の千秋楽に臨みました。有名キャストで生演奏付きの豪華な舞台公演ですが、これまで繰り返し取り上げられてきた原作からの決定版となるには、まだまだ手直しが必要な仕上がりだと感じました。 日生劇場 『嵐が丘』 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:帝劇『レ・ミゼラブル』の弐

まどか:れなです。今日は帝国劇場で、『レ・ミゼラブル』2015年公演2度目の観劇でした。2年前は客席で応援する私の方が、心配しながら見守っていた福井さんも、すっかり役柄や作品に馴染んで全開の印象で、本来の大きさがバルジャンに重なって嬉しかったです。元気な福井さんが舞台に立つと、劇場全体が温かくなりますね。 帝国劇場 ミュージカル『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演出家・山田和也さんの情報解禁目前作品

まどか:れなです。東宝所属の演出家・山田和也さんは大変忙しそうで、この夏~秋、そして恐らくは年が明けても、担当作品は切れ目無く続くようですね。現時点で確定している、2015年内の予定公演を並べてみます。 ☆『台所太平記』 初演   東京・明治座6月公演 出演:沢口靖子、南野陽子、湖月わたる ほか ☆『貴婦人の訪問』 初演  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活『放浪記』で他の主な出演者も明らかに

まどか:れなです。東宝の『放浪記』復活公演は他の主な出演者が発表されるなど、情報が増えましたので再度紹介します。 『放浪記』 作:菊田一夫 潤色:三木のり平 演出:北村文典 製作:東宝  出演:仲間由紀恵(林芙美子)、     若村真由美(日夏京子)、永井大(藤山武士)、窪塚俊介(福地貢)、     福田沙紀(悠起)、立石涼子(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞台版は32年後の『時をかける少女』登場

まどか:れなです。キャラメルボックスの30周年を記念する作品として上演される、『時をかける少女』(舞台版は史上初)の情報が明らかになりました。 キャラメルボックス 30周年記念公演(第3弾) 『時をかける少女』  原作:筒井康隆 脚本:成井豊 演出:成井豊、真柴あずき  出演:木村玲衣、西川浩幸、坂口理恵、岡田さつき、前田綾、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年8月の博多座で上演する作品は?

まどか:れなです。帝劇での堂本光一さん主演公演が千秋楽を迎えて、9月に大阪・梅芸メインホール、10月は福岡・博多座での公演予定が正式に発表されましたね。帝劇で出演したラフルアー宮澤エマさんは、秋に『ラ・マンチャの男』が控えているので、代わりの出演者も気になりますが、今回の記事で注目するのは別の点です。 梅芸MHでの9月公演は早くか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:日生劇場『十二夜』千秋楽

まどか:れなです。J・ケアード演出版『十二夜』の東京公演が全て終わりました。主要キャストが揃っての挨拶などは行われなかったので、会場に来られなかった皆さんに紹介するような話題はありませんが、私には2度目の観劇となった今回も、高い技量と豊かな経験、卓越した感性の全てを活用して生み出した舞台は見事でした。 日生劇場 『十二夜』 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『タイタニック』東京公演は千秋楽を迎えます

まどか:れなです。私は当日券に挑もうか悩んだのですが、まだ観劇していない他の希望者に機会が周るように願って、『タイタニック』千秋楽に出掛けるのを止めました。渋谷のシアターコクーンで観た2度の新演出『タイタニック』を、一生涯の宝物にしたいと思います。私は赤坂ACTシアターでの『メンフィス』に、今年のミュージカルで第1位は確定だと感じたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪と東京で最近開幕した高評価の2作品

まどか:れなです。現在、大阪の梅芸メインホールで上演中の宝塚歌劇団・宙組『TOP HAT』と、東京で幕を開けた舞台版『NARUTO』は、どちらも非常に評価が高くて、宝塚ファンの私としては大いに気をよくしています。宙組公演は当然として、『NARUTO』に関しては直ぐに意味を理解出来ない人もいるでしょうが、こちらには宝塚OGの悠未ひろさんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:小編成『タイタニック』再度

まどか:れなです。今日は渋谷・シアターコクーンで、新演出による小編成版『タイタニック』2度目の観劇を済ませました。さらに前回よりも感動は深まり、本当に重みのある素晴らしいミュージカル作品ですね。東京公演は日程の最終盤ですし、続く大阪分のチケットは早々に予定数を終了した人気ぶりなので、今から私が宣伝する必要など無いのですが、観劇可能なのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:日生『十二夜』追加購入分

まどか:れなです。今日は泊まり勤務が明けてから、JRに乗って有楽町駅まで移動して、帝国劇場の窓口でネット購入した観劇チケットを受け取った後、日生劇場でジョン・ケアード演出の『十二夜』を楽しんで帰りました。先行段階で押さえてあったチケットではなく、公演開幕後に好評なのを確認して、追加購入した分での観劇です。 日生劇場 『十二夜』  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more