テーマ:感想

実写『美女と野獣』を公開初日にダブル鑑賞

まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けで映画を観に行きました。2作品ではなく、実写『美女と野獣』の字幕版と吹替版です。日本では月遅れの公開初日ですが、平日の日中だったせいか、大混雑ではありませんでした。 風景の描写は美しいですし、出演者の皆さんも恐らく監督の指示に的確に応えたのでしょうが、各キャラクターの個性が明確に伝わって、実写リメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モアナからノートルダムの鐘で変則2本立て

まどか:れなです。今日は先に映画『モアナ』を有楽町の映画館で観てからJRで浜松町駅まで移動して、次に劇団四季が上演している『ノートルダムの鐘』観劇(私の3回目)に臨むスケジュールを組みました。既に『モアナ』は終わって、今は13時30分予定の『ノートルダム』開演を待っているところです。一応書いておくと、今日は父親同行ではなく単独行動で、デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有楽町で『ミス・サイゴン25周年』を観ました

まどか:れなです。昨日は映画館で『ミス・サイゴン』のロンドン25周年記念公演を鑑賞しました。内容の感想を書く前に、日本版でも舞台に立っているキム・スハさんと中野加奈子さんが並んで映っている場面があって、東京で観ている私としては、2人の姿が誇らしく感じられたのを報告しておきます。本来の収録日だと、キム・スハさんはロンドン公演に参加する前だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSK:東京『ロミジュリ』素晴らしかったです

まどか:れなです。OSKの『ロミジュリ』東京公演が終わりました。博品館劇場で3日間・全6回の短期公演でしたが、私は初日と千秋楽の2回観劇して、出演者の魅力と作品のシンプルな美しさには大いに満足しています。 初日はJRの最寄り駅である新橋から劇場に直行しましたが、今日は意識して1駅隣り・有楽町で降りて、銀座の通りを歩いて向かいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016帝劇『エリザベート』~ベスト6を選定

まどか:れなです。わずか3回のみですが、とりあえずダブルキャスト6役で参加の12名は1回か2回観る組み合わせで、私の帝劇『エリザベート』観劇が終了しました。該当する役柄に関して、私の選んだ6名を書きます。 ☆エリザベート役~花總まりさん ☆トート役~城田優さん ☆フランツ役~佐藤隆紀さん ☆ルドルフ役~京本大我さん ☆ゾフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3日間の福岡・長崎観劇遠征を満喫しました

すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。私は5月26日の午後から28日の深夜にかけて、3日間の九州観劇遠征に行って来ました。実際に舞台を観たのは福岡~長崎・佐世保~福岡の3会場で、宿泊は2日とも佐世保です。平田愛咲さんがベルを演じる四季『美女と野獣』は内容が充実していましたし、博多座では宙組公演『王家に捧ぐ歌』を最終日に2回観劇という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅芸MHで東宝版『1789』を待つ皆さんへ

まどか:れなです。東宝版『1789』の東京・帝劇公演は今日が千秋楽で、ダブルキャストが組まれたロナンとオランプ、そしてアントワネットの3役では、小池徹平・神田沙也加・花總まりの皆さんが最後の出演を終えました。 先行した宝塚歌劇団・月組公演の以前から、熱心なミュージカル好きが親しんできた本国版の音源を使用しているのに、オーケストラ不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪組『るろうに剣心』は安心充実の娯楽作品

まどか:れなです。今日は東京宝塚劇場が連日超満員で、大好評上演中の雪組『るろうに剣心』を楽しみました。2月に大劇場で観劇して以来、私にとっては2度目の『るろ剣』でしたが、舞台公演との親しみ方や年代などを問わずに、幅広い層の観客が笑顔で劇場を後に出来る見事な娯楽作品だと、改めて魅力を確認した印象です。 東京宝塚劇場 雪組公演 浪漫活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年1~3月期の観劇:ベストとワースト

まどか:れなです。今日は午後から新橋演舞場に行って、これで今月の観劇予定が全て終了しました。2016年も4分の1が過ぎて、とりあえず1月~3月分のベスト公演3本と、とても残念だったワースト1本を記録します。 恒例行事ではないので、分類や選考基準など一切実績がありません。今回限りの取り扱いです。 《ベスト公演3本》 【再演、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の主演賞では涼風真世さんを大本命に

まどか:れなです。昨日は日比谷・シアタークリエで上演されている『貴婦人の訪問』を観ました。登場人物が悪い人ばかりで感情移入出来ないとの感想も目にしましたが、私は誰かの立場で物語に入り込む観劇習慣が無いので、お芝居自体を十分に楽しめましたし、歌唱面だけに限らず涼風真世さんが主演者として圧倒的な力量を発揮していて、まだ8月でも今年の舞台から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり私は蘭乃はなさんを応援しています

まどか:れなです。今日は2015年・東宝『エリザベート』観劇の締め括りとして、帝国劇場で蘭乃はなさん主演の回を観て来ました。好意的な評価を得られないまま、今期の出演を終えてしまいそうな蘭乃さんですが、アンチの攻撃が繰り返された宝塚在団中も、苦しんだ公演の後には何段階も飛躍を遂げて、遥かに大きな姿で登場してくれた娘役スターだったので、もが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:2015『エリザベート』の参

まどか:れなです。昼夜連続だった今期初回と2回目から約3週間を経て、帝国劇場での超人気公演『エリザベート』を観て来ました。私にとって初だったのは、ゾフィー役の剣幸さんとルキーニ・山崎育三郎さんです。どちらも舞台公演ではお馴染みの出演者さんですが、これまでの観劇では記憶にないタイプの役柄なので新鮮ですね。 帝国劇場 ミュージカル『エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:月組・東京『1789』その2

まどか:れなです。バスティーユ襲撃の当日・7月14日に上演する『1789』なので、少し違う部分を期待していたのですが、観劇2度目の私には何も気付く点がありませんでした。でも不満な内容だった訳ではなくて、幾ら褒めても足りないくらい、皆さんにお勧めしたい素晴らしい作品であり、月組や専科からの出演者も魅力的ですね。 東京宝塚劇場 月組公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:宙組版・王家に捧ぐ歌(2)

まどか:れなです。報告が遅くなりましたが、前回の観劇から4週間を経た大劇場の宙組『王家』の簡単な感想記事を書きます。大好きな作品と劇場で再会する感動には、先月で慣れたと思って臨んだものの、開幕直後に比べれば宙組の皆さんがお芝居を深めているのは当然で、また新たな作品と出合ったように心が震えました。事実上主演トリオの一角を占めるアムネリス役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:星組お披露目梅田千秋楽

まどか:れなです。最初に断っておくと、東京に日帰りする電車との関係で、カーテンコールの途中で抜けてしまったため、舞台上からの挨拶などは紹介出来ません。既に2日間も過ぎていますし、私のブログに期待する人はいないと思いますが、最後まで目を通して落胆しないように説明して、この後は舞台の簡単な感想に移ります。 梅田芸術劇場メインホール 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:JB(ジャージー・ボーイズ)

まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けで渋谷に山手線利用で移動して、東急シアターオーブで上演中の『ジャージー・ボーイズ』来日公演を観て来ました。徹底して観客を楽しませる作品で、とても満足度は高いです。 東急シアターオーブ 『ジャージー・ボーイズ』   2015年7月2日(木) 13時30分開演 《来日公演》 お芝居に登場す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:ダブル『エリザベート』の夕

まどか:れなです。12時30分回の終演後は近くの東京国際フォーラム内で休憩して、今度はカード会社J○B貸切公演の『エリザベート』を観るため、再び帝国劇場へと向かいました。皇后エリザベート・トート(死)・皇帝フランツの3役は、昼公演と違う出演者に交代しています。昼に比べると主に皇后役が違う分、完成度には大きな差がありますね。 帝国劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:ダブル『エリザベート』の昼

まどか:れなです。昨日は日比谷の帝国劇場に行って、『エリザベート』2015年公演の初観劇を済ませて帰宅しましたが、実はお昼と夕方に連続で観たので、一日にして今期の総観劇数は2回まで増えています。開幕以来ネット上で公開されている他の皆さんの感想が示す通り、花總まりさんのエリザベートには圧倒的されますね。 帝国劇場 ミュージカル『エリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:月組・東京『1789』その1

まどか:れなです。最初に断っておきますが、今日の東京宝塚劇場は1階席の前方エリアを除いて、超大口の団体さん(女子生徒)が客席の大半を占有していました。彼女たちの観劇マナーが極端に酷かった訳では決してありませんが、振る舞いの可否ではなく、公演自体への意欲とか積極性が欠けるのは、劇場内のムードを押し下げてしまう傾向が否めません。私の待望した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:星組・ACT『キャッチ』開幕

まどか:れなです。全国ツアーを周っている海賊とは2班編成の星・詐欺師組が、東京・赤坂ACTシアター公演初日を迎えました。舞台上で指揮者・御崎恵さんと共に生のバンド演奏が付いた公演で、休憩を含めた2時間35分には、デュエットダンスや群舞など宝塚スタイルのフィナーレはありません。まだ全般的に、未消化部分をたくさん残した印象ですが、7月6日・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:花組『ファンタジア』と再会

まどか:れなです。ちょうど1週間前の同じ時間帯に続いて、昨日は期間終盤を迎えた花組公演を、東京宝塚劇場で2度目の観劇でした。親しみ易さと美しさを兼備して、しかも新鮮な魅力を感じさせてくれる第2部は、初回に比べると多少驚きが薄らいだものの、近年の宝塚歌劇作品として、特別に賞賛したい1本である点には変わりありません。そして大劇場公演中から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:2015『春のおどり』その2

まどか:れなです。カーテンコールは3度幕が上げられて、「桜咲く国」を繰り返した後、挨拶だけで最後の幕が下りました。今後のスケジュールに関する告知も、同じ松竹で11月後半に開催される京都・南座公演に触れただけで、新情報の解禁はありませんでした。既に公演予定は詰まっているので、私個人としては安堵しています。 大阪松竹座 OSK日本歌劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:宙組版・王家に捧ぐ歌(1)

まどか:れなです。この回はチケット販売大手・E社の貸切公演で、幕を上げる前に組長の寿つかささんから挨拶があったのですが、劇中で演じる神官の装いで登場すると、その煌びやかな姿に場内は歓声が満ちました。観客を圧倒するための導入部分としたら、今回の上演作を知らない人々に向けて、かなり効果があったでしょうね。 宝塚大劇場 宝塚歌劇団・宙組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:2015『春のおどり』その1

まどか:れなです。まだ男役スターさん5名によるお喋り&抽選イベントが待っているのですが、とりあえず2015年『春のおどり』観劇1回目の感想を書き残しておきます。合間に独立したご挨拶を挟むので、実質3部構成の公演は、OSK作品を初担当した荻田浩一さん作・演出による第2部が良い出来栄えで、とても嬉しかったです。 大阪松竹座 OSK日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:花組の『ファンタジア』最高

まどか:れなです。上演中の客席では、エトワールのソロ歌唱が短すぎると不満に思っていたのですが、帰りの満員電車で揺られている間に、もし5倍や10倍も長く芽吹幸奈さんの美声に陶酔していたら、本当に天国まで案内されてしまって、もう現世には戻って来れないかも知れないと気付きました。あの歌声だけで、複数回観劇する価値がありますね。技巧の誇示ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ話題の『1789』が月組版で東京へ

まどか:れなです。フランス産ミュージカルの日本初演となる月組『1789』は、明日6月1日限りで宝塚大劇場での日程を全て終了して、いよいよ東京公演へと向かいます。この作品に関しては大劇場での開幕後に、2016年春は帝国劇場の舞台にも進出すると発表されて、それまでの宝塚歌劇ファンが注目する公演から、さらに幅広いミュージカル好きが関心を寄せる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:日生劇場『嵐が丘』千秋楽

まどか:れなです。赤坂ACTシアターで雪組公演の初日を観た後は地下鉄で日比谷まで移動して、G2さんの脚本・演出による『嵐が丘』の千秋楽に臨みました。有名キャストで生演奏付きの豪華な舞台公演ですが、これまで繰り返し取り上げられてきた原作からの決定版となるには、まだまだ手直しが必要な仕上がりだと感じました。 日生劇場 『嵐が丘』 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:雪『アル・カポネ』東京初日

まどか:れなです。前売りではチケットを購入出来なかった雪組『アル・カポネ』の東京公演ですが、当日の立ち見券を買い求める列に並んで、無事に初日観劇が叶いました。感触が良ければ再度の当日券挑戦も考えていたものの、正直なところ余り完成度の高い作品だとは思えなかったので、積極的に2度目を狙う意思は消えました。 赤坂ACTシアター 宝塚歌劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な観劇報告:帝劇『レ・ミゼラブル』の弐

まどか:れなです。今日は帝国劇場で、『レ・ミゼラブル』2015年公演2度目の観劇でした。2年前は客席で応援する私の方が、心配しながら見守っていた福井さんも、すっかり役柄や作品に馴染んで全開の印象で、本来の大きさがバルジャンに重なって嬉しかったです。元気な福井さんが舞台に立つと、劇場全体が温かくなりますね。 帝国劇場 ミュージカル『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写版の『シンデレラ』でボロボロ泣きました

まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けでシネコンに立ち寄って、ディズニーの実写版『シンデレラ』を鑑賞して来ました。前座の短編アニメも『アナと雪の女王』らしい作品世界の個性が発揮されていて、私は十分に楽しいと感じる事が出来たので、本命作品上映の前から良い気分だったのですが、『シンデレラ』は期待を大きく上回る立派な映画で、同名長編アニメにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more