テーマ:海外の演劇

米フルトン劇場『ノートルダムの鐘』また紹介

まどか:れなです。私が以前から注目するフルトン劇場『ノートルダムの鐘』に関して、現時点の情報として再度紹介します。米国では地域劇場で数日程度の短期主体に上演されているので、公演数の多さも重要ですね。 『ノートルダムの鐘』 音楽:アラン・メンケン   作詞:スティーヴン・シュワルツ 脚本:ピーター・パーネル  米国ペンシルヴェニア州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から『アナと雪の女王』デンヴァー公演

まどか:れなです。日本では信じられないくらい無視され続けていますが、今日から米デンヴァーのビュエル劇場では、ディズニー『アナと雪の女王』舞台ミュージカル版の上演が始まります。日本での公演が決定して、確定資料が配布されたら、所謂マスコミの人たちは大騒ぎするのでしょうが、海外での舞台公演に常時注目する私は当然のように、今の段階から繰り返し話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミス・サイゴン』25周年ソフト日本盤が発売

まどか:れなです。まだ今後の上映が予定される映画館もあるのですが、ミュージカル『ミス・サイゴン』のロンドン25周年記念公演を収録した映像ソフトが、やっと2017年10月6日に日本でも字幕付きで発売となります。 《画像は海外盤ですが、字幕付きの日本盤が出ます》英国では2016年10月に発売されているので、約1年遅れでの日本国内仕様登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去30年間でブロードウェイの興行規模は

まどか:れなです。私は他の演劇ファンやミュージカル愛好家と比較したら、かなり意識して海外の情報を集めていますが、最新の公演予定だけではなく、20年・30年前のブロードウェイと今の違いを探るのも楽しいです。 例えば時間を30年戻して、1987年6月最終週のブロードウェイで、人気上位だった作品を並べてみましょう。 第5位 『ラ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『メンフィス』トリオがダイアナ妃ミュージカル

まどか:れなです。脚本ジョー・ディピエトロ、音楽デヴィッド・ブライアンといえば、日本版が上演されているミュージカル『メンフィス』を書いたお二人ですが、そこにブロードウェイ版を手掛けた演出家クリストファー・アシュリーさんを加えて『メンフィス』を成功に導いたトリオが、新作ミュージカルに取り組みリーディング段階に来ています。 『メンフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベット・ミドラーさん版『ドーリー!』聴きました

まどか:れなです。ブロードウェイで圧倒的な人気を集めて上演中の『ハロー・ドーリー!』ですが、私は今回の再演キャスト盤を聴く事が出来ました。映画版や剣幸さんが主演した見事な日本版で作品自体は鑑賞済みながら、現在の基準に適う音質の公式音源が無い作品だったので、その点でも再演には心から感謝したいですね。 声の強さや音域の広さ、或いは超絶的技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドリームガールズ』/ブリトニーさんの曲でも

まどか:れなです。今回の記事では海外ミュージカルに関する情報2本を、詳細未発表の段階ですが簡単に紹介します。1つはブロードウェイ進出が確定の話題で、もう一方は今後ミュージカル制作を目指すとの速報です。 ☆『ドリームガールズ』のNY行きを、ソニア・フリードマンさん明言 ロンドンのファンを長年待たせた英国初演が大好評の『ドリーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディズニーのクルーズ客船で上演中の作品

まどか:れなです。ディズニー作品の舞台公演が観られる場所を考えてみると、世界各地の劇場(ツアー版・四季などライセンス上演を含む)、そしてディズニーブランドで展開するテーマパーク内の各種実演会場が浮かんで来ますが、日本にいると体験する機会が無いものの、もう1系統の連日上演されている場所が存在するのです。 マジック、ワンダー、ドリーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北北西に進路を取れ』も舞台版があります

まどか:れなです。カナダでの舞台公演を語る際に、絶対欠かせない名前が「マーヴィッシュ」ですね。先代の名前を付けたエド・マーヴィッシュ劇場での公演だけに限らず、幅広い作品を手掛けているグループで、主要な新作や有名ミュージカルの新演出版が、マーヴィッシュ傘下にある劇場で北米初演を迎える例が珍しくありません。 2017年から18年の上演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの新作

まどか:れなです。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(略称RSC)といえば、英国を代表する大劇団で、国内のみに限らず、世界中で様々な作品を上演しています。でも劇団名と新作という言葉は、少しでも考えたら結び付き難い関係のように思えますよね。海外から発信された演劇情報に注目するようになるまで、私は勝手に思い込んでいたのですが、RSCが手掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディズニー楽曲で舞台『ピノキオ』12月上演

まどか:れなです。舞台版の検討開始ではなく、もう2017年の12月には上演されるという話題で、1940年公開のディズニー映画からの楽曲を使用する新作舞台公演『ピノキオ』が、クリスマス時季のロンドンに登場します。 舞台版 『ピノキオ』 演出:ジョン・ティファニー   脚色:デニス・ケリー 装置・衣装:ボブ・クローリー  英国ナシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D・コックスさんが『ボディガード』の曲を録音

まどか:れなです。米国でも始まったミュージカル『ボディガード』のツアー公演では、デボラ・コックスさんがレイチェル役で主演を務めています。原型の同名映画ではW・ヒューストンさんが演じた役柄で、ミュージカル版では映画で使用された楽曲以外にも、ヒューストンさんが残した数々のヒット曲が加わって、当時を知る世代には物語の展開を追い掛けるだけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ノートルダム・ド・パリ』が本国で再演中でも

まどか:れなです。同じ原作に基づいた舞台化作品が複数ある中で、仏国産ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』は日本でも注目する人が多くて、私にとっても忘れ難い楽曲が幾つも挙げられる軽視など出来ない作品なのですが、今秋開幕した本国での再演に関しては意識的に触れるのを避けて来ました。理由は明確で、四季新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』情報と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロードウェイ『オペラ座の怪人』1万2千回

まどか:れなです。現地時間2016年11月28日の公演で、ブロードウェイ『オペラ座の怪人』が通算1万2千回に到達します。1年3か月早く始まったウェストエンドの『オペラ座』は、既に開幕から30周年を迎えて、上演回数が1万2500回を超えていますが、非ミュージカル作品には1952年から上演継続の『マウストラップ』が健在で、同じキャメロン・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン・NY以外の主要劇場が果たす役割

まどか:れなです。海外事情には余り~全く興味が無くても、熱心な演劇ファンなら多少は情報の蓄積があると思いますが、世界中で最も活発に舞台公演が展開しているロンドン・ニューヨークの主要劇場は、大半がロングラン体制を前提にして公演日程を組んでいます。今では10年を超える長期公演継続も異例ではなくなりました。 ウェストエンドやブロードウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン

まどか:れなです。詳しい上映日程など発表されていませんが、『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』の日本公開が決定したそうです。2017年3月になれば、日本国内も複数の映画館で上映されるのでしょうね。 誤解する人が出ないように書いておきますが、舞台ミュージカル『ミス・サイゴン』の映画化版ではなく、2014年9月のロンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北米『ハリー・ポッター』:ブロードウェイ直行

まどか:れなです。演劇ファン以外を含めた注目度としては、2016年最大の話題作と呼んで間違いのない舞台版『ハリー・ポッター』が、7月30日にロンドンで無事正式な開幕を迎えました。ソニア・フリードマンさんたち製作責任者の皆さんは、とにかく初日まではロンドン公演に集中してきましたが、重要な関門をクリアして次の目標に向けた活動が始まっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエラさんの後任となる校長先生役キャスト

まどか:れなです。以前にも紹介した通り、シエラ・ボーゲスさんは8月8日限りでNY『スクール・オブ・ロック』の校長先生役を離れて、秋はパリ・モガドール劇場『オペラ座の怪人』フランス初演でクリスティーヌ役を演じます。 『スクール・オブ・ロック』はブロードウェイ開幕から好調な動員が続いていて、復調傾向にある『オペラ座の怪人』や帰って来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シエラ・ボーゲスさんがパリのクリスティーヌ

まどか:れなです。現在はブロードウェイで『スクール・オブ・ロック』出演中のシエラ・ボーゲスさんは、8月8日限りでNYの舞台から離れて、次は同じ作品のロンドン版ではなく、『オペラ座の怪人』パリ公演に参加します。 ミュージカル 『オペラ座の怪人』 Le Fantome de l’Opera 【フランス初演】  パリ・モガドール劇場 《フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ノートルダムの鐘』への反応で勘違い多発

まどか:れなです。劇団四季による『ノートルダムの鐘』上演(2016年12月に秋劇場)が発表されて、ネット上では様々な反応が登場していますが、その中で残念ながら目立ってしまうのが、同一の原作小説に基づく仏国産ミュージカルとの混同なのです。間違った舞台画像の紹介くらいなら、実際には観ていないのだから仕方の無い部分もあると思いますが、恐ろしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アラジン』&『ハミルトン』の米国ツアー情報

まどか:れなです。現在のブロードウェイを代表する人気ミュージカル2本で、米国内を周るツアー公演の情報が発表されました。オフ出発で驚異的なヒットになった『ハミルトン』と、日本でも既にお馴染みの『アラジン』です。 (1) 『ハミルトン』    ブロードウェイでは    2015年7月13日 上演開始、8月6日 開幕~《上演中》 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・ブロードウェイに『キャッツ』が帰還します

まどか:れなです。上演そのものは確実視されていた『キャッツ』のブロードウェイ再演で、劇場名と開幕の日程まで明らかになりました。今年の夏は、ネコさんたちがNYに帰って来ます。 ミュージカル 『キャッツ』 Cats 《ブロードウェイ再演》  ニール・サイモン劇場   2016年7月14日(木) 上演開始、8月2日(火) 開幕  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オペラ座の怪人』は10月・パリ公演が開幕

まどか:れなです。今年でロンドン初演から30周年の『オペラ座の怪人』が、初めてパリに進出すると発表されました。上演開始は、ちょうどロンドン開幕から30年後の2016年10月予定です。仏語上演も初なのですね。 ミュージカル 『オペラ座の怪人』 《仏語上演》  パリ・モガドール劇場 2016年10月開幕予定   2016年2月11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベット・ミドラーさん主演『ハロー・ドーリー!』

まどか:れなです。少し前から事実上の確定情報として流れていたのですが、超大物ベット・ミドラーさん主演による名作ミュージカル『ハロー・ドーリー!』のブロードウェイ再演(2017年4月開幕予定)が発表されました。 ミュージカル 『ハロー・ドーリー!』 《ブロードウェイ五演》  劇場名未発表 2017年3月13日 上演開始、4月20日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年注目公演候補:『ノートルダムの鐘』

まどか:れなです。本当は2016年の注目公演として挙げたいのですが、記事を書いている時点では日本での公演予定が何も発表されていないので、ディズニー映画に基づく舞台ミュージカル版『ノートルダムの鐘』を、候補作品として紹介しておきます。私のブログでも何度か取り上げた通り、欧州版とは別の脚本・演出による新たな舞台化で、西海岸~東海岸の順に2つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東宝版以外のミュージカル『ローマの休日』

まどか:れなです。存在も知らなかった作品の情報と出会って、視界が急激に広がる気分は最高で、宝塚歌劇団から上演予定が発表されて以来、『ローマの休日』について調べていた私は、かつて東宝が上演したのとは完全に別の、米国生まれでイタリアに定着したミュージカルと偶然巡り逢って、思わず大きな声を上げていました。 皆さんもネット上で検索する際に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ノートルダムの鐘』CD発売~今後の展開

まどか:れなです。米国で初演されたディズニーの舞台版『ノートルダムの鐘』は、ブロードウェイ進出が果たせないまま、今後は各地の劇場・プロ劇団による上演に移行しますが、カリフォルニア州・ニュージャージー州の劇場に出演したキャストが再集結して録音したスタジオアルバムは、2016年1月22日発売で予約受付中です。 ミュージカル 『ノートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリ発信『雨に唄えば』がブロードウェイに?

まどか:れなです。パリ・シャトレ座で新たに製作された舞台版『雨に唄えば』が、2016年にはブロードウェイ進出を目指しているのだそうです。意欲的な挑戦の成果に注目してください。 シャトレ座版『雨に唄えば』は、2015年3月12日~26日に、ロバート・カーセン演出で15回上演されました。そして11月27日から来年の1月15日まで、シャトレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マディソン郡の橋』など画像を2枚だけ紹介

まどか:れなです。今回の記事では、11月中に上演が始まる海外の作品から、『マディソン郡の橋』米国内ツアー公演+新作ミュージカル『虹を追いかけて』を画像で簡単に紹介します。 ブロードウェイでは短命に終わった『マディソン郡の橋』の米国内ツアー公演は、アイオワ州デモインで2015年11月28日にスタートします。次はLAに移動して、このツアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォー・シーズンズとグロリア・エステファンも

まどか:れなです。人気歌手やグループの有名曲を集めたミュージカルは、その国と地域を問わずに作られていますが、楽曲を架空の物語に当てはめるのではなく、本人(たち)の人生を辿るお芝居と組み合わせたヒット作も幾つか生まれています。ブロードウェイで興行成績の上位に入っている『ビューティフル』は、作曲家で歌手としても実績を残したキャロル・キングさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more