仙名彩世さん=彩花まりさんだった可能性?

まどか:れなです。『宝塚巴里祭』を含めて、3班体制となる宙組公演の振り分けが発表されましたね。どれも行く予定が無いので、メンバー構成に喜び・落胆は感じませんが、彩花まりさんは真風さんと『巴里祭』班ですね。

博多座『王家に捧ぐ歌』で大役アムネリスに起用され、美しい歌声を披露して堂々と演じ切った時には、同期に比べて出遅れた印象ながら、或いは何処かの組で「次」が狙えるかも知れないと期待しましたが、このところ目立たない場所に隠れてしまった印象で、アムネリス役を演じたのが何年も昔のようにさえ感じられる急降下ですね。

余りにも振れ方の幅が大き過ぎて、賛同はしなくても理解可能な理由を考えていたのですが、花組で娘役の新たなトップとなった仙名彩世さんと絡めたら、何とか霧の向こう側に構図が見えて来ました。入団年次が遅い後輩に継承するのではなく、逆戻りや同期リレー、または固定しない流動的な体制のどちらかを歌劇団は最初から目指していて、花組(花乃さん後)と宙組(実咲さん後)の次期体制を検討する材料として、彩花さんを急に真ん中に置いてみたと考えれば、私は流れが把握出来ると思っています。もし花と宙で逆の結論が出ていたら、花組が単独の娘役トップを決めない体制で、宙組次期は彩花さんだったのかも知れません。仙名さんがリンカーン夫人として轟理事の相手役を務め、彩花さんが星組版では檀れいさんの演じたアムネリスに挑んだのは、それぞれ別の試みではなかったと考えたら、選ばれなかった彩花さんを殆ど不在のように扱うのも、理解するのは可能です。