あの頃の月組から3人目の専科異動を発表

まどか:れなです。現在は月組に籍を置く宝塚歌劇団の男役スター・凪七瑠海さんが、2016年9月5日付けで専科に異動すると発表されました。一時期の月組公演を盛り上げた8人の主力級スターから、沙央くらまさん・星条海斗さんに続いて、凪七さんで3人目の専科入りとなります。どれほど層が厚かったのか、良く分かりますね。

新人公演やバウホール・ドラマシティ公演の主演経験を経て、専科所属となっている男役さんは、

☆華形ひかる 1999年入団 花組 《2014年7月6日 異動》
☆星条海斗 2000年入団 月組 《2015年7月27日 異動》
☆沙央くらま 2001年入団 雪組~月組 《2014年12月28日 異動》

☆凪七瑠海 2003年入団 宙組~月組 《2016年9月5日 異動=予定》


まだ予定段階の凪七さんを含めると4名です。沙央さん・凪七さんを新人公演に主演した雪・宙の出身者として数えれば、組単位で星組+抜けている2002年入団者を検索条件に設定すると、次に異動する候補が浮かんで来そうですが、唯一の該当者である紅ゆずるさんは、さすがに専科に移さない気がします。歌劇団側に構想が存在していたら、恐らく現トップ・北翔海莉さんと入れ替えで専科に異動して、今頃は星組公演を離れての武者修行中でしょうね。でも真面目に考えて紅さんが充実したトップ時代を送るには、その方が良かったかも知れません。