千秋楽の挨拶には「仰げば尊し」ですよね?

まどか:れなです。大阪の梅芸シアター・ドラマシティ~宝塚歌劇としては初登場の神奈川芸術劇場(ホール)と上演されてきた花組『リンカーン』が、今日15時開演の回で最後の幕を下ろしました。組長の高翔さんから紹介されて挨拶を始めたリンカーン役主演・轟悠さんは、何を語り出すか観客を不安にさせるタイプなのですが、今回繰り広げた技が、予告抜きに突然の「仰げば尊し」だったのです。大して深い意味合いなど無く、詳細は書かずにおきますが、轟さんは絶対に観客を混乱させて面白がっていますよね。この公演でリンカーン大統領の演技が素晴らしかっただけに、カーテンコールで見せる著しい落差が、余計に轟さんを稀有な存在にしている気がします。
画像
画像
これで当面は轟さん主演作品の上演スケジュールがありませんが、専科主体公演だと追加日程で発表される場合が多いので、2016年後半~17年前半にも、恐らく1本ずつは舞台で観られるだろうと思います。『リンカーン』のような新作が考えられる他に、2015年の『オイディプス王』が宝塚バウホール公演のみで、まだ関東では上演していませんし、轟さんバトラーの『風と共に去りぬ』だって、梅芸MH・中日劇場の次は東京で観たいですね。