アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「感想」のブログ記事

みんなの「感想」ブログ

タイトル 日 時
実写『美女と野獣』を公開初日にダブル鑑賞
実写『美女と野獣』を公開初日にダブル鑑賞 まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けで映画を観に行きました。2作品ではなく、実写『美女と野獣』の字幕版と吹替版です。日本では月遅れの公開初日ですが、平日の日中だったせいか、大混雑ではありませんでした。 風景の描写は美しいですし、出演者の皆さんも恐らく監督の指示に的確に応えたのでしょうが、各キャラクターの個性が明確に伝わって、実写リメイク版が作られた意義を十分に感じられました。そして大昔のミュージカル映画を踏襲する画面構成が幾つも確認出来て、原典である1991年のアニメ版が実現したミュージカル... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/21 18:30
モアナからノートルダムの鐘で変則2本立て
まどか:れなです。今日は先に映画『モアナ』を有楽町の映画館で観てからJRで浜松町駅まで移動して、次に劇団四季が上演している『ノートルダムの鐘』観劇(私の3回目)に臨むスケジュールを組みました。既に『モアナ』は終わって、今は13時30分予定の『ノートルダム』開演を待っているところです。一応書いておくと、今日は父親同行ではなく単独行動で、ディズニーアニメや舞台公演では、残念ながら父のサポートは一切期待出来ません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/06 13:15
有楽町で『ミス・サイゴン25周年』を観ました
有楽町で『ミス・サイゴン25周年』を観ました まどか:れなです。昨日は映画館で『ミス・サイゴン』のロンドン25周年記念公演を鑑賞しました。内容の感想を書く前に、日本版でも舞台に立っているキム・スハさんと中野加奈子さんが並んで映っている場面があって、東京で観ている私としては、2人の姿が誇らしく感じられたのを報告しておきます。本来の収録日だと、キム・スハさんはロンドン公演に参加する前だと思いますので、完成度を高めるための追加収録で共演していたのでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 10:20
OSK:東京『ロミジュリ』素晴らしかったです
まどか:れなです。OSKの『ロミジュリ』東京公演が終わりました。博品館劇場で3日間・全6回の短期公演でしたが、私は初日と千秋楽の2回観劇して、出演者の魅力と作品のシンプルな美しさには大いに満足しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/04 17:25
2016帝劇『エリザベート』〜ベスト6を選定
まどか:れなです。わずか3回のみですが、とりあえずダブルキャスト6役で参加の12名は1回か2回観る組み合わせで、私の帝劇『エリザベート』観劇が終了しました。該当する役柄に関して、私の選んだ6名を書きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/21 19:00
3日間の福岡・長崎観劇遠征を満喫しました
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。私は5月26日の午後から28日の深夜にかけて、3日間の九州観劇遠征に行って来ました。実際に舞台を観たのは福岡〜長崎・佐世保〜福岡の3会場で、宿泊は2日とも佐世保です。平田愛咲さんがベルを演じる四季『美女と野獣』は内容が充実していましたし、博多座では宙組公演『王家に捧ぐ歌』を最終日に2回観劇という贅沢な日程でしたが、新たな収穫という点では初めて訪問したハウステンボス(歌劇団を含む)と、海の街・佐世保の魅力に強く惹かれました。次回の九州遠征も、拠点は佐世保に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/30 07:20
梅芸MHで東宝版『1789』を待つ皆さんへ
まどか:れなです。東宝版『1789』の東京・帝劇公演は今日が千秋楽で、ダブルキャストが組まれたロナンとオランプ、そしてアントワネットの3役では、小池徹平・神田沙也加・花總まりの皆さんが最後の出演を終えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/15 09:45
雪組『るろうに剣心』は安心充実の娯楽作品
まどか:れなです。今日は東京宝塚劇場が連日超満員で、大好評上演中の雪組『るろうに剣心』を楽しみました。2月に大劇場で観劇して以来、私にとっては2度目の『るろ剣』でしたが、舞台公演との親しみ方や年代などを問わずに、幅広い層の観客が笑顔で劇場を後に出来る見事な娯楽作品だと、改めて魅力を確認した印象です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/13 17:20
2016年1〜3月期の観劇:ベストとワースト
まどか:れなです。今日は午後から新橋演舞場に行って、これで今月の観劇予定が全て終了しました。2016年も4分の1が過ぎて、とりあえず1月〜3月分のベスト公演3本と、とても残念だったワースト1本を記録します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/31 18:20
今年の主演賞では涼風真世さんを大本命に
まどか:れなです。昨日は日比谷・シアタークリエで上演されている『貴婦人の訪問』を観ました。登場人物が悪い人ばかりで感情移入出来ないとの感想も目にしましたが、私は誰かの立場で物語に入り込む観劇習慣が無いので、お芝居自体を十分に楽しめましたし、歌唱面だけに限らず涼風真世さんが主演者として圧倒的な力量を発揮していて、まだ8月でも今年の舞台から主演賞を選ぶなら、評価最上位が確実な大本命候補だと感じました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/23 06:15
やっぱり私は蘭乃はなさんを応援しています
まどか:れなです。今日は2015年・東宝『エリザベート』観劇の締め括りとして、帝国劇場で蘭乃はなさん主演の回を観て来ました。好意的な評価を得られないまま、今期の出演を終えてしまいそうな蘭乃さんですが、アンチの攻撃が繰り返された宝塚在団中も、苦しんだ公演の後には何段階も飛躍を遂げて、遥かに大きな姿で登場してくれた娘役スターだったので、もがき続けた東宝エリザベートを越えた先には、また私が待ち望むヒロイン像を創造するものと期待していますし、壁を突き破ろうと体当たりする力強さが客席まで伝わるのを感じまし... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/16 17:10
簡単な観劇報告:2015『エリザベート』の参
まどか:れなです。昼夜連続だった今期初回と2回目から約3週間を経て、帝国劇場での超人気公演『エリザベート』を観て来ました。私にとって初だったのは、ゾフィー役の剣幸さんとルキーニ・山崎育三郎さんです。どちらも舞台公演ではお馴染みの出演者さんですが、これまでの観劇では記憶にないタイプの役柄なので新鮮ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/17 09:35
簡単な観劇報告:月組・東京『1789』その2
まどか:れなです。バスティーユ襲撃の当日・7月14日に上演する『1789』なので、少し違う部分を期待していたのですが、観劇2度目の私には何も気付く点がありませんでした。でも不満な内容だった訳ではなくて、幾ら褒めても足りないくらい、皆さんにお勧めしたい素晴らしい作品であり、月組や専科からの出演者も魅力的ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/14 16:50
簡単な観劇報告:宙組版・王家に捧ぐ歌(2)
まどか:れなです。報告が遅くなりましたが、前回の観劇から4週間を経た大劇場の宙組『王家』の簡単な感想記事を書きます。大好きな作品と劇場で再会する感動には、先月で慣れたと思って臨んだものの、開幕直後に比べれば宙組の皆さんがお芝居を深めているのは当然で、また新たな作品と出合ったように心が震えました。事実上主演トリオの一角を占めるアムネリス役の伶美うららさんは、重大な課題である歌唱時の力強さや安定性には多少の進歩が感じられる程度でしたが、ファラオの娘〜エジプトの指導者としての威厳は十分で、私は納得です... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/09 11:20
簡単な観劇報告:星組お披露目梅田千秋楽
まどか:れなです。最初に断っておくと、東京に日帰りする電車との関係で、カーテンコールの途中で抜けてしまったため、舞台上からの挨拶などは紹介出来ません。既に2日間も過ぎていますし、私のブログに期待する人はいないと思いますが、最後まで目を通して落胆しないように説明して、この後は舞台の簡単な感想に移ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/07 13:05
簡単な観劇報告:JB(ジャージー・ボーイズ)
まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けで渋谷に山手線利用で移動して、東急シアターオーブで上演中の『ジャージー・ボーイズ』来日公演を観て来ました。徹底して観客を楽しませる作品で、とても満足度は高いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/02 16:25
簡単な観劇報告:ダブル『エリザベート』の夕
まどか:れなです。12時30分回の終演後は近くの東京国際フォーラム内で休憩して、今度はカード会社J○B貸切公演の『エリザベート』を観るため、再び帝国劇場へと向かいました。皇后エリザベート・トート(死)・皇帝フランツの3役は、昼公演と違う出演者に交代しています。昼に比べると主に皇后役が違う分、完成度には大きな差がありますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/28 06:40
簡単な観劇報告:ダブル『エリザベート』の昼
まどか:れなです。昨日は日比谷の帝国劇場に行って、『エリザベート』2015年公演の初観劇を済ませて帰宅しましたが、実はお昼と夕方に連続で観たので、一日にして今期の総観劇数は2回まで増えています。開幕以来ネット上で公開されている他の皆さんの感想が示す通り、花總まりさんのエリザベートには圧倒的されますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/28 06:10
簡単な観劇報告:月組・東京『1789』その1
まどか:れなです。最初に断っておきますが、今日の東京宝塚劇場は1階席の前方エリアを除いて、超大口の団体さん(女子生徒)が客席の大半を占有していました。彼女たちの観劇マナーが極端に酷かった訳では決してありませんが、振る舞いの可否ではなく、公演自体への意欲とか積極性が欠けるのは、劇場内のムードを押し下げてしまう傾向が否めません。私の待望した月組『1789』初観劇は、良い条件で体験出来なかったのが残念です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/24 16:45
簡単な観劇報告:星組・ACT『キャッチ』開幕
まどか:れなです。全国ツアーを周っている海賊とは2班編成の星・詐欺師組が、東京・赤坂ACTシアター公演初日を迎えました。舞台上で指揮者・御崎恵さんと共に生のバンド演奏が付いた公演で、休憩を含めた2時間35分には、デュエットダンスや群舞など宝塚スタイルのフィナーレはありません。まだ全般的に、未消化部分をたくさん残した印象ですが、7月6日・梅芸シアターDCでの大千秋楽ごろには、公演を見守り続けたファンの皆さんが、最初から楽しかったけれど、今の方が数段面白いと感じるくらい、宝塚初演の完成度を高めてくれ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/17 17:55
簡単な観劇報告:花組『ファンタジア』と再会
まどか:れなです。ちょうど1週間前の同じ時間帯に続いて、昨日は期間終盤を迎えた花組公演を、東京宝塚劇場で2度目の観劇でした。親しみ易さと美しさを兼備して、しかも新鮮な魅力を感じさせてくれる第2部は、初回に比べると多少驚きが薄らいだものの、近年の宝塚歌劇作品として、特別に賞賛したい1本である点には変わりありません。そして大劇場公演中から、必ずしも好評とは言えない支持具合だった前半のお芝居は、最初に観た時よりも心惹かれる要素が明確になって、私にとっては十分に良い作品だと断言可能な出来栄えだと思います... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/12 14:50
簡単な観劇報告:2015『春のおどり』その2
まどか:れなです。カーテンコールは3度幕が上げられて、「桜咲く国」を繰り返した後、挨拶だけで最後の幕が下りました。今後のスケジュールに関する告知も、同じ松竹で11月後半に開催される京都・南座公演に触れただけで、新情報の解禁はありませんでした。既に公演予定は詰まっているので、私個人としては安堵しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/07 19:00
簡単な観劇報告:宙組版・王家に捧ぐ歌(1)
まどか:れなです。この回はチケット販売大手・E社の貸切公演で、幕を上げる前に組長の寿つかささんから挨拶があったのですが、劇中で演じる神官の装いで登場すると、その煌びやかな姿に場内は歓声が満ちました。観客を圧倒するための導入部分としたら、今回の上演作を知らない人々に向けて、かなり効果があったでしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/07 14:20
簡単な観劇報告:2015『春のおどり』その1
まどか:れなです。まだ男役スターさん5名によるお喋り&抽選イベントが待っているのですが、とりあえず2015年『春のおどり』観劇1回目の感想を書き残しておきます。合間に独立したご挨拶を挟むので、実質3部構成の公演は、OSK作品を初担当した荻田浩一さん作・演出による第2部が良い出来栄えで、とても嬉しかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/06 18:55
簡単な観劇報告:花組の『ファンタジア』最高
まどか:れなです。上演中の客席では、エトワールのソロ歌唱が短すぎると不満に思っていたのですが、帰りの満員電車で揺られている間に、もし5倍や10倍も長く芽吹幸奈さんの美声に陶酔していたら、本当に天国まで案内されてしまって、もう現世には戻って来れないかも知れないと気付きました。あの歌声だけで、複数回観劇する価値がありますね。技巧の誇示ではなく、純粋に声の美しさを堪能するのには、最高のエトワールだと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/05 05:55
いよいよ話題の『1789』が月組版で東京へ
まどか:れなです。フランス産ミュージカルの日本初演となる月組『1789』は、明日6月1日限りで宝塚大劇場での日程を全て終了して、いよいよ東京公演へと向かいます。この作品に関しては大劇場での開幕後に、2016年春は帝国劇場の舞台にも進出すると発表されて、それまでの宝塚歌劇ファンが注目する公演から、さらに幅広いミュージカル好きが関心を寄せる舞台に位置付けが変化しました。それ以降、目に見える形で動員が増える状況には至っていませんが、海外での観劇を含めた熱心な舞台愛好家が月組公演の感想をブログに載せて、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/31 17:35
簡単な観劇報告:日生劇場『嵐が丘』千秋楽
まどか:れなです。赤坂ACTシアターで雪組公演の初日を観た後は地下鉄で日比谷まで移動して、G2さんの脚本・演出による『嵐が丘』の千秋楽に臨みました。有名キャストで生演奏付きの豪華な舞台公演ですが、これまで繰り返し取り上げられてきた原作からの決定版となるには、まだまだ手直しが必要な仕上がりだと感じました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 18:25
簡単な観劇報告:雪『アル・カポネ』東京初日
まどか:れなです。前売りではチケットを購入出来なかった雪組『アル・カポネ』の東京公演ですが、当日の立ち見券を買い求める列に並んで、無事に初日観劇が叶いました。感触が良ければ再度の当日券挑戦も考えていたものの、正直なところ余り完成度の高い作品だとは思えなかったので、積極的に2度目を狙う意思は消えました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 14:05
簡単な観劇報告:帝劇『レ・ミゼラブル』の弐
まどか:れなです。今日は帝国劇場で、『レ・ミゼラブル』2015年公演2度目の観劇でした。2年前は客席で応援する私の方が、心配しながら見守っていた福井さんも、すっかり役柄や作品に馴染んで全開の印象で、本来の大きさがバルジャンに重なって嬉しかったです。元気な福井さんが舞台に立つと、劇場全体が温かくなりますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/22 16:25
実写版の『シンデレラ』でボロボロ泣きました
まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けでシネコンに立ち寄って、ディズニーの実写版『シンデレラ』を鑑賞して来ました。前座の短編アニメも『アナと雪の女王』らしい作品世界の個性が発揮されていて、私は十分に楽しいと感じる事が出来たので、本命作品上映の前から良い気分だったのですが、『シンデレラ』は期待を大きく上回る立派な映画で、同名長編アニメにも決して劣らず、ディズニーの代表作として長く輝き続けるに違いありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/13 15:40
簡単な観劇報告:帝劇『レ・ミゼラブル』の壱
まどか:れなです。今日は東京・帝国劇場で、『レ・ミゼラブル』2015年公演の観劇1回目でした。連日のように以前の出演者やミュージカルの分野で活躍中の俳優さんたちが、ブログなどを通じて観劇の報告を掲載していますが、単に業界関係者が集合して盛り上がってみせるのではなく、作品自体が持つ求心力を感じさせますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/21 16:20
簡単な観劇報告:宙組東京『TOP HAT』(3)
まどか:れなです。昨日は雨の降る中を赤坂まで出掛けて、宙組『TOP HAT』の千秋楽を観劇して来ました。初日こそ参加しませんでしたが、2日目・4月6日から1週間ごとに、13日、20日と通算3回目の『TOP HAT』です。前回とは違って1階席後方からの立ち見ではなく、ちゃんと2階に座席を確保して楽しい半月を締め括りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/21 05:50
簡単な観劇報告:星組東京公演(今回限定)
まどか:れなです。今日は東京宝塚劇場で、今回1度限定での観劇となる星組公演に行ってきました。もちろん場内は賑わっていましたが、私にとって宝塚歌劇団の柚希礼音さん、或いは柚希さんメインの星組は、秋の日本武道館千秋楽で完結していたのだと、冷めてしまった自分の心を確認するための低調な3時間に終始しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/18 14:20
簡単な観劇報告:宙組東京『TOP HAT』(2)
まどか:れなです。今日は先ほどまでTBSの赤坂ACTシアターで、宙組『TOP HAT』を2回目の観劇でした。初回が想定した通りの印象だったので、予定した1度以外に追加は必要ないと思ったのですが、観客の反応を確認したかったのと、この劇場での観劇には試したい点があったので、当日券の列に並んでチケットを購入しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/13 16:15
簡単な観劇報告:宙組東京『TOP HAT』(1)
まどか:れなです。今日はTBSの赤坂ACTシアターに行って、宙組の新体制お披露目公演『TOP HAT』を観て来ました。とても楽しかったのですが、どんな風に評価するべきなのか、正直なところ私は判断に困っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/06 18:45
4月新作アニメ視聴も並行作業で始めました
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。いつもの通りハードディスクには、まだ前期(2015年1-3月)のアニメが数週間分残っているのですが、新番組の取捨も進めなくては無駄が生じるので、とりあえずお馴染みのタイトルから再生を開始しました。何作もアニメ化されている原作者の作品や、過去に親しんだ作品の関連作です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/05 14:05
簡単な観劇報告:日生劇場『十二夜』千秋楽
まどか:れなです。J・ケアード演出版『十二夜』の東京公演が全て終わりました。主要キャストが揃っての挨拶などは行われなかったので、会場に来られなかった皆さんに紹介するような話題はありませんが、私には2度目の観劇となった今回も、高い技量と豊かな経験、卓越した感性の全てを活用して生み出した舞台は見事でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/30 16:40
簡単な観劇報告:小編成『タイタニック』再度
まどか:れなです。今日は渋谷・シアターコクーンで、新演出による小編成版『タイタニック』2度目の観劇を済ませました。さらに前回よりも感動は深まり、本当に重みのある素晴らしいミュージカル作品ですね。東京公演は日程の最終盤ですし、続く大阪分のチケットは早々に予定数を終了した人気ぶりなので、今から私が宣伝する必要など無いのですが、観劇可能なのに何かの理由で迷っている人がいたら、回避は絶対に損だと伝えたいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/26 16:35
簡単な観劇報告:新演出『タイタニック』初回
まどか:れなです。少し前の雪組『ルパン三世』他と同じパターンで、事前に1回分のチケットを確保してあるのですが、公演企画の発表段階から大変気になる作品だったため、当日券購入で先に観劇を1度済ませました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/18 16:00
簡単な観劇報告:着席で雪組『ルパン三世』
まどか:れなです。2週間前に当日券の立ち見で予習を済ませたので、昨夜の本番は、全体を把握する努力無しで気軽に楽しめました。もちろん2度目は、ゆったりと席に座っての観劇で、かなりお得な公演だと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/18 07:40
簡単な観劇報告:日生『十二夜』追加購入分
まどか:れなです。今日は泊まり勤務が明けてから、JRに乗って有楽町駅まで移動して、帝国劇場の窓口でネット購入した観劇チケットを受け取った後、日生劇場でジョン・ケアード演出の『十二夜』を楽しんで帰りました。先行段階で押さえてあったチケットではなく、公演開幕後に好評なのを確認して、追加購入した分での観劇です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/13 17:05
簡単な観劇報告:雪『ルパン三世』当日立見
まどか:れなです。忙しく過ごしている内に、観劇から4日も経ってしまいましたが、当日付けの記事で既にお伝えしてあった通り、東京宝塚劇場では学生時代以来となる立ち見で、大人気の雪組公演を楽しんで来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/07 14:15
簡単な観劇報告:月組公演で最後の青年館
まどか:れなです。嫌な話は先に済ませてしまう事にして、今回の月組公演『バンディート』で出来れば避けて欲しかったのが、早乙女わかばさんの歌唱シーンでした。他に上手な出演者が何人でもいるので、せめてソロだけは割り当てない構成に収めてあれば、全体を通しての完成度が数10%も増して高まったのに違いありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/24 16:10
簡単な観劇報告:池袋での『メリー・ウィドウ』
まどか:れなです。今日は池袋の東京芸術劇場に来て、レハール作曲による『メリー・ウィドウ』を楽しみました。シアターではなく、コンサートホールでの上演ですので、セットの転換などはありませんが、ダンスを取り入れて作品らしい雰囲気は十分に演出されていましたし、直前に予定を入れて出掛けた価値は十分に感じられました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/22 18:55
簡単な観劇報告:『メンフィス』再演希望絶対
まどか:れなです。今日は地下鉄千代田線で赤坂のTBSまで行って、『メンフィス』東京公演の千秋楽を観て来ました。残念ながら満席までには相当な余裕残しでしたが、公演内容への満足度なら圧倒的に高かったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/10 17:00
簡単な観劇報告:お芝居未満のBドリームス
まどか:れなです。先ほどまで国際フォーラムで、『ボンベイドリームス』を観ていました。出演者の皆さんが発揮してくれた歌や踊りの素晴らしい才能に対しては、心からの賞賛を惜しみませんが、ミュージカルとしての完成度は非常にお粗末で、日本版の問題以前に元の作品を根本から練り直さないと、とても再演など無理でしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/04 16:15
簡単な観劇報告:『三文オペラ』終わりました
まどか:れなです。今日は新宿から京王新線で1駅離れた初台にある、新国立劇場・中劇場で『三文オペラ』を観ました。オペラと題されていますが、クラシック系の歌唱スタイルで上演する作品ではありません。むしろ、猥雑な印象を与えるような演じ方が一般的だと思うのですが、今回の『三文オペラ』はミュージカル公演で活躍する俳優さんを何人も揃えて、かなり親しみ易く整えられた形での上演だったと思います。私は十分に満足出来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/28 16:45
簡単な観劇報告:最後のリトルリップ青年館
まどか:れなです。昨日の紐育星組ショウは楽しかったけれど、切ない想いを深くする3時間弱にもなりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/01 08:25
簡単な観劇報告:青山劇場『ガラスの仮面』
まどか:れなです。チケットを購入した時点では、8月下旬に渋谷駅を出て宮益坂を上って、青山劇場まで歩けば相当に汗が流れると考えていたのですが、季節が1ヶ月も進んだようで、突然涼しく感じるほどの気候ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/28 17:35
録画したアニメ『一週間フレンズ。』再生完了
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。録画したアニメの再生状況を暦に変換したら、依然として私は6月下旬から抜け出せずに連日奮闘中なのですが、最終回まで完了させた作品の1つに、放送前から期待していた『一週間フレンズ。』があります。私は原作コミックス未読なので、そちらと比較しての感想は語れません。でも程よい切なさ加減で、とても良好な感触を残したまま再生を終える事が出来たと思います。アクション場面満載のアニメも楽しいのですが、個人的には多少設定に無理を伴っても、町内や校内で完結する日常物語が大好き... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/21 20:00
簡単な観劇報告:レディ・ベス3度目は平ベス
まどか:れなです。今日は帝国劇場に行って、『レディ・ベス』3度目の観劇を済ませてきました。前回に続いて終演後に抽選会が行われましたが、同じ階の同じ列までは出たものの、再び私の座席番号は空振りに終わっています。でもプレゼントの当選が主目的ではありませんし、初めて平野綾さん演じるベスを観て、花總まりさんと二人で分け合う意味が良く理解出来た気がします。やはり実際の舞台に触れてみると、収穫は大きいですよね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/19 16:50
簡単な観劇報告:レディ・ベス2度目も花ベス
まどか:れなです。ちょうど前回から2週間経った昨日、世界初演作『レディ・ベス』2度目の観劇を異常なく終了しました。引き続いて題名役は花總まりさんです。終演後のプレゼント抽選は当選12名に入れませんでしたが、連休を過ごしていた新潟から直行しての観劇だったので、無事に消化出来たのが今回最大の収穫でしょうね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/07 10:25
簡単な観劇報告:劇団☆新感線『蒼の乱』
まどか:れなです。もう実際の観劇から3日も過ぎて、東京での上演そのものが終わってしまいましたが、新感線『蒼の乱』を観ましたので、その簡単な記録だけ残しておきます。個人的には長時間でも十分に楽しめました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/27 06:35
簡単な観劇報告:帝劇『レディ・ベス』の初回
まどか:れなです。今日は有楽町駅から近い帝国劇場に行って、世界初演ミュージカル『レディ・ベス』を観劇しました。題名役でもダブル・キャストが組まれている中で、私が最初に選んだ回の主演は花總まりさんです。カーテンコールで中央に立つ花總さんの姿を見て涙が溢れましたが、それ以外の感動要素は薄かった気がします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/22 16:35
簡単な観劇報告:日本青年館で絶唱に絶叫
まどか:れなです。先ほど日本青年館で雪組公演『心中・恋の大和路』が最後の幕を下ろしました。慣例に従って無言のままでしたが、総立ちの観客が送り続ける拍手に迎えられた主演・壮一帆さんの表情は、役柄の設定よりも大きく緩んでいたように見えて、きっと語らなくても込められた深い想いが、客席の私にも届いた気がします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/21 16:10
2013年を振り返って3つの頂点+他も少し
まどか:れなです。もう新しい年が始まってから5日目を迎えましたが、やはり書き残したいので2013年を振り返って、忘れ難く思われる3つの頂点+その他の公演に関しても、この記事の中で簡単にふれておきましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/05 11:50
OSK菊人形公演が本日千秋楽を迎えました
まどか:れなです。10月3日から39日間・全90回も続いた公演なのに、私の観劇は最終日の2回限りでしたが、たけふ菊人形でのOSK日本歌劇団による恒例のステージは、今年も楽しい思い出を増やしてくれました。心配された天候は雨こそ降っていたものの、移動中や入場を待つ間に強風で困るような事態は避けられたので、何日も前から気にかけていた予報の悪さからすれば、むしろ「安堵した」と言えるほどの穏やかさだったと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/10 16:55
城田優さんは『ロミジュリ』演出が将来の目標
まどか:れなです。宝塚歌劇団・星組の大劇場〜東京公演から続いてきた2013年の『ロミジュリ』も、10月27日午後の梅芸メインホールで無事に全日程を終了しました。もちろん満員の大盛況でしたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/28 06:30
今日は宝塚大劇場で宙組『風共』を観ました
まどか:れなです。今日は建物の正面入り口が工事中で、進入経路が変更されている宝塚大劇場まで行って、宙組公演『風と共に去りぬ』を観て来ました。主要曲を何度も頭の中でリピートして臨んだ観劇でしたが、私にとっては大劇場での初『風共』でもあり、事前に想像していたより遥かに大きな感動を経験出来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/26 15:30
今日は『REON!!』第2作の東京千秋楽観劇
まどか:れなです。最近の私は西へ東へと移動しながら、連日のように舞台公演の千秋楽を観ていますが、今日のターゲットは星組の『REON!!』第2作でした。最初で最後の参戦だったため、通い慣れた感じの皆さんに若干取り残されていた印象は否めませんが、1作目と同様に楽しく過ごす事が出来たと思います。念のために断っておくと、1週間後の10月16日に開幕する博多座公演までは追いかけませんので、『REON!!』第2作で増やす千秋楽コレクションは1つだけでお仕舞いです。28日の大千秋楽には、どんなエピソードが生ま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/09 17:10
今日は宝塚バウホール『第二章』を観ました
まどか:れなです。今日は午後から宝塚大劇場に併設されているバウホールに行って、出演者4名だけの『第二章』を観てきました。フィナーレ(みたいなオマケ部分)で登場したデュエット曲(歌唱:英真なおき/早乙女わかば)が気になったので探してみたら、「忘れていいの〜愛の幕切れ〜」というタイトルだったのですが、目の前で上演されていたお芝居が終了しても、それで直ぐに記憶から消し去ってしまうには惜しい公演だったと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/07 17:20
千秋楽に上川さんと梅田千九百勇士の約束
まどか:れなです。大阪の劇場で上川隆也さんが出演する舞台を観るのは、キャラメルボックスの作品と前の新歌舞伎座がサヨナラ公演を行っていた頃に続いて、昨日が3回目だったと思います。単なるオタの中年男性なのですが、特に時代劇だと最高の格好よさを感じさせてくれる俳優さんですね。剣の扱いには素人である私の眼には、美しいだけではなく本当に強く見える上川さんの立ち回りは、大人数での激しい戦いが繰り広げられた分、そこだけ注視するのが難しかったのですが、大阪まで出向いて鑑賞した『真田十勇士』の千秋楽には、僅かな不... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/07 08:10
オーブでの『ロミジュリ』上演が終了しました
まどか:れなです。昨日は渋谷の東急シアターオーブに行って、『ロミオ&ジュリエット』東京公演の千秋楽を観劇してきました。場内は女性客ばかりに偏って支持層の健全性は多少疑問ですが、もちろん満員の盛況でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/06 05:20
月組東京宝塚劇場公演(予定の3回を完了)
まどか:れなです。昨日の夜に東京宝塚劇場で月組公演(3回目)を観てきました。10月6日までの公演は最終盤を迎えて、残る日程ではチケットが毎回完売に近いようですので、もう劇場客席の賑わい加減に関しては書きません。ただ大盛況でも不思議ではない公演内容だったのに、多くの皆さんと経験を共有出来ず残念です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/02 07:00
8年ぶりの舞台版『セーラームーン』観ました
まどか:れなです。もう4日前になりますが渋谷の劇場でミュージカルを観て来ました。でも東急シアターオーブで上演中の『ロミジュリ』ではなく、8年ぶりに復活した舞台版『美少女戦士セーラームーン』の19時公演です。 今回は全て女性キャストによる上演での復活ですが、念のため誤解が無いように書いておくと、登場人物の設定が全員女性に変更された訳ではなく、男性役も女性俳優さんが演じる形での舞台版となります。この作品では男性の筆頭キャラクターであるタキシード仮面も演じるのは女性で、宝塚歌劇団・宙組でトップを務め... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/22 09:30
OSK東京・三越劇場公演が開幕しましたが
まどか:れなです。OSK日本歌劇団にとって、今回で4度目の登場となる三越劇場での公演が幕を開けました。激しさは控えめで、じっくり味わってもらう作品のような気がしますが、ダンスの素晴らしさは十分に感じられますので、他とは違うOSKらしい舞台を求めるファンの期待には十分応えてくれていると思います。東京では16日までが公演期間で、再び3連休となる次の週末には、同じ作品・出演者が大阪の大丸心斎橋劇場でも観られます。私は関西まで追いかけられないので、東京での観劇を最大限に楽しみたいと考えていますが、何と台... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/14 00:10
月組の東京宝塚劇場公演(3回中の1回目)
まどか:れなです。先ほどまで東京宝塚劇場の月組公演を観ていました。「友の会」で当選した回が日程の後半に偏っていたため、わざわざ買い足したチケットでの観劇です。大劇場公演の評価が余り芳しくなくて、追加購入したのが悔やまれるような内容ではないかと心配でしたが、少なくとも私は一切退屈せずに楽しめました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/05 16:50
猛暑の千葉県市川市で雪組ツアー公演観劇
まどか:れなです。今日は泊まり勤務明けに千葉県市川市まで行って、宝塚歌劇団・雪組の全国ツアー公演(12時の回)を観てきました。会場である市川市文化会館・大ホールは宝塚のツアーが立ち寄る機会が多くて、私にとっても既にお馴染みの施設なのですが、最寄りとなる各線・本八幡駅からは徒歩だと少し時間が必要で、猛暑の炎天下に移動するのは厳しかったです。途中の自販機で、私には珍しく甘い清涼飲料水を買うほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/01 18:15
波乱の公演が千秋楽の幕を下ろしました
まどか:れなです。公演内容そのものとは別の理由で注目を集めてしまった『おのれナポレオン』が終演を迎え、私は劇場を離れてJR池袋駅から帰りの電車に乗りました。上演再開後に様々なメディアで好意的に報道されていた通り、宮沢りえさんの佇まいは見事に公演の空間に解け込んで、何の不安も抱かずに2時間余りの舞台に接する事が出来ました。開演前の会場内や退出時の出入り口周辺では、私が普段経験しているお芝居の千秋楽と比べても多数の業界関係者さんを見掛けましたが、彼らの飾らない感想も聴いてみたいものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/12 16:40
雪組・中日劇場と花組・宝塚大劇場の感想
まどか:れなです。名古屋〜関西方面に出掛けて2日間の観劇旅行を楽しんでいますが、ここでは昨日観た中日劇場での雪組公演と、先ほど終了したばかりの宝塚大劇場・花組公演の感想を簡単に記しておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/10 15:30
『ダディ・ロング・レッグズ』東京公演の感想
まどか:れなです。かなり観劇から日数が過ぎましたが、簡単に東京公演の感想を書き残しておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/26 15:30
今日は映画館で『ゴーバスターズ』と『フォーゼ』を
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。今日は泊り勤務明けに父と待ち合わせて、いつものシネコンで10数歳若い親子連れに囲まれながら、『特命戦隊ゴーバスターズ』と『仮面ライダーフォーゼ』を観てきました。私以上に熱心な特撮ファンの父は既に1度鑑賞済みで、何だか余り気乗りしない様子だと思っていたのですが、『フォーゼ』の方を観て理由が分りました。1970年代にTVシリーズが放送されていた『宇宙鉄人キョーダイン』を手直ししたキャラクターが、結局悪役という扱いのまま映画が終っていて、その部分が受け入れ難か... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/02 15:10
和音美桜さんは歌の女神さまです
まどか:れなです。もう何年も前に宝塚歌劇団の中でも長身者が揃った宙組の公演で、決して外見だけでは目立たない小柄な娘役さんが歌い始めた途端、私は音楽の神様が人の形で舞台上に姿を現したのだと感じていました。その人は代役でヒロインを演じる事はありましたが、娘役の序列としては2番目くらい止まりで歌劇団を去り、現在は外部の大きな作品で重要な役柄を演じて観客を魅了しています。決して出演者個人の実績だけではチケットを買わない私でも、そこに和音美桜(かずね・みおう)さんの名前を見つければ期待せずにいられません。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 09:45
2013年4月の日生劇場まで90周年公演中
まどか:れなです。OSK日本歌劇団が大好きな私でも、必ず全ての公演に満足して会場を去る訳ではありませんが、7月17日に千秋楽を迎えた2012年の京都・南座公演は、間違いなく私の欲求を満たしてくれる素晴らしい歌劇の舞台が展開されていました。余計な事など一切考えないで、このまま来年4月の日生劇場まで疾走を続けてくれたら、私には地元・東京でOSKの夢の中に過ごす至福の日々が待つ最高の春となりそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/18 17:10
2012『エリザベート』の観劇(4回目)
まどか:れなです。雨が降り始めた有楽町まで出かけて、今期の帝劇では4回目となる『エリザベート』を観てきました。私にとって東京での観劇予定は今回が最後で、次の『エリザベート』は大阪公演の最終盤となります。既に東京開幕から1ヵ月半近くが過ぎましたが、実は大阪・梅芸MHのチケット一般発売は始まっていなくて、5ヶ月設定された公演期間の長さを、こんな点からも改めて感じてしまいます。ちなみに発売日は6月30日ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/19 18:30
私は『平清盛』を優れた作品だと思います
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。話題になるのは視聴率の低さばかりのようですが、私は2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』を大変に優れた作品だと思っています。まだ開始から5ヶ月が過ぎたところで、後半がグダグダに終る恐れも完全には否定出来ませんが、ここまでの確かな構成を保ったまま完結させられれば、放送中の世間的な評価とは関係なく、将来は必ず大河を代表する名作として語られると信じて疑いません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/10 11:30
2012『エリザベート』の観劇(3回目)
まどか:れなです。記事を書いている時点から2日前になりますが、帝国劇場で私にとっては今期3度目となる『エリザベート』(13時30分開演)を観てきましたので、また簡単な報告を書き残しておきます。この回は完売ではなかったようですが、残る空席は僅かでやはり安定した人気を誇る作品だと改めて確認出来ました。 複数のキャストで分け合っている役柄の出演者は ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/27 09:02
2012『エリザベート』の観劇(2回目)
まどか:れなです。帝国劇場で私にとっては今期2度目となる『エリザベート』(13時30分開演)を観てきました。学生の団体さんが入場していたようで、その助けもあってかチケットは完売と表示され賑わっていましたよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/23 19:05
2012『エリザベート』の観劇スタート
まどか:れなです。今日午後の公演から、私の2012年『エリザベート』観劇がスタートしました。この後は帝劇で3回と梅芸MH1回分のチケットが確保してあって、さらに秋のウィーン版来日公演(コンサート形式)も東京と大阪を1枚ずつ押さえています。その後に行われる宝塚歌劇OG版(コンサート形式)も行く気十分ですよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/16 18:17
4月21・22日遠征の終了報告です
まどか:れなです。2012年初だった今回の遠征では、松竹座で4月12日〜22日に上演されていたOSK日本歌劇団『春のおどり』を観てきました。感想文は苦手ですので簡単な報告だけを掲載しておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/23 07:58
映画『ウルトラマンサーガ』を公開初日に
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。今日は泊り勤務が明けてから、いつも利用しているシネコンに移動して、公開初日の『ウルトラマンサーガ』を観てきました。主演の秋元才加(あきもと・さやか)さんが演技・立ち姿ともに素晴らしくて、この人をAKBの数十分の一で終らせてしまったら、同じ時代を生きている私達の恥だと感じました。実は公式な主演者ではありませんが、秋元さんが最も活躍しているのは誰の目にも明らかでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/24 13:34
ミュージカル『キャバレー』東京公演の感想
まどか:れなです。3月18日まで東京国際フォーラムのホールCで上演されていたミュージカル『キャバレー』を、千秋楽に観劇してきました。この作品は初めて観ましたが、ブロードウェイ再演版のCDを繰り返し聴いて予習してあったので、歌われる楽曲に関しては耳に十分馴染んだ状態で臨んだ客席だったと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/20 19:04
OSK三越劇場公演の初日に行きました
まどか:れなです。今日はOSK日本歌劇団による三越劇場公演の初日を観てきました。嘘を書きたくないので正直に報告すると客席はガラガラで、何処かのブログに書いてあった通り、8年半ぶりに開催された昨年9月の東京公演で「祭り」は終って、これからが本当に力が試される段階なのでしょう。それにしても直前まで広報活動は皆無だったので、東京での活動実績が少ない現在の経営陣は、昨秋の成功で過度に楽観視していたのかも知れません。今日は平日でしたし、きっと週末にかけて動員状況も改善してくれると私は期待しています。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/22 20:15
日本初演のミュージカル『ボニー&クライド』
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。もう3日ほど前になりますが、日本初演となるミュージカル『ボニー&クライド』を青山劇場で観てきました。ブロードウェイが早々にクローズしており、日本公演も芳しい評価を目にしていなかったため、覚悟して出掛けた観劇でしたが、予想に反して私は好感を抱いて帰る事が出来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/22 12:44
『アリスの恋人』は期待を遥かに超える感動作でした
まどか:れなです。東京は午後から雨になりましたが、日本青年館を出て駅までの道を歩きながら、多少足元が悪くても私の気分は爽やかでした。今日の千秋楽を観劇した宝塚歌劇団・月組の『アリスの恋人』(作・演出:小柳奈穂子)は、大きく膨らませて臨んだ私の期待など遥かに超えて、きっと長く心に残る感動を与えてくれる素晴らしい作品でした。これから映像で楽しむ人のために詳しくは書きませんが、必見の良作だと私が保証します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/08 17:39
本当に凄い『オペラ座の怪人』は映画館で
まどか:れなです。今日は東京宝塚劇場の地下にある映画館で、10月初めにロンドンで上演された『オペラ座の怪人』25周年記念公演の映像を楽しんできました。出口に向かいながら私の近くで2人連れの男性客が話していた「本当に凄いものを見せてもらった」「あれで2千円は安い!」というのは、恐らく観客の誰もが抱いた感想だろうと思います。公演の映像が終ってからスタッフ名のクレジットが何分も流れるので、普段なら退屈して早く明るくなって欲しいと願うところだったでしょうが、今日は涙の乾く時間を確保出来て助かりました。1... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/26 17:25
武生から帰って1週間以上経ちました
まどか:れなです。早いもので私がOSK日本歌劇団の公演を観るため、越前市武生を訪ねてから1週間以上が過ぎました。そして長いと思って開幕を迎えた菊人形も、11月6日の最終日まで10日余りを残すばかりとなっています。トップスターの桜花昇ぼるさん中心の公演は、昨年に引き続いて連日大盛況を記録していますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/25 22:59
今夜は月組公演を観に東京宝塚劇場へ
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。前日朝からの泊り勤務を終えた私は、一旦帰宅して少し眠ってから日比谷の東京宝塚劇場へ出掛ける計画を立てていました。ところが目が覚めてみると、もう電車に乗っているつもりでいた時刻です。ここで超時間圧縮術、言い換えれば着替える以外はそのままで出発するという、幻の技を発動して難局を乗り切ったのでした。普段から余裕のある行動パターンを確立している私ですので、多少遅れたとはいえ無事開演前に到着し、周囲にも迷惑を掛けず「予定通り」だと表情を浮かべながら着席しました。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/04 23:49
祝!OSK東京公演千秋楽&来年2月も三越劇場で
まどか:れなです。9月15日に開幕した三越劇場でのOSK東京公演は、本日18日12時開演分で無事に全日程を終了しました。連日場内は大盛況で、OSKや旧SKDの関係者だけでなく、宝塚歌劇のOGや演劇界のスターさん達の姿も見られたようです。歌劇団の更なる発展に向けて、先ずは素晴らしい楽日を祝いましょう! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/18 16:09
昨日はクリエで『BLEACH』を観てきました
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。8月は遠征にも出ないで観劇回数が極端に少なくなった私ですが、宙組の東京宝塚劇場公演、帝劇『三銃士』に続いて、昨日は日比谷のシアタークリエで上演中の『BLEACH』を観てきました。コミックスやアニメで有名な作品ですが、実は舞台版も2005年以来上演を繰り返して歴史を積み重ねています。特に今回は初演以来不動だった主人公の黒崎一護役が交代して、クリエ進出を果たすなど公演パターンも変更され、『BLEACH』の舞台上演は新しい時代に向けてスタートしたと言えそうです... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/24 16:55
OSK:2011年の南座公演を振り返って
まどか:れなです。OSK日本歌劇団による京都四條南座での公演は、昨年までの『レビュー in KYOTO』から名称を改め、新たに『虹のおどり』として2011年7月11日〜18日に上演されました。『虹のおどり』は1928年にOSK(当時は松竹楽劇部)が東京に遠征し、浅草の松竹座で公演を行った際のタイトルで、2012年に創立90周年を迎える伝統と、秋以降に控える東京進出に向けた意欲を感じさせる名前になっていると思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/24 22:51
帝国劇場:『風共』千秋楽に今年と来年の夏休み
まどか:れなです。昨日(7月10日)は帝劇で米倉涼子さん主演『風と共に去りぬ』の千秋楽を観てきました。正直なところ不安の方が大きくて着席した公演でしたが、私の予想よりも遥かに楽しくまとめられていたように思います。米倉さんと相手役バトラーの寺脇康文さんには、もう少し重さが欲しいと感じましたが、余りに大作を意識した演技を見せられるよりも、いくらか緩めの方が手軽な観劇には適しているかも知れませんね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/11 12:34
新国立の中劇場で『雨』の千秋楽を観ました
まどか:れなです。泊り明けの昨日に続いて、今日は新国立劇場(中劇場)で演劇公演『雨』の千秋楽を観てきました。故・井上ひさし氏が書いた古い戯曲ですのでネタバレを一切気にせず書くとしましょう。江戸で金物拾いを生業として暮らす男・徳が、行方不明となっている紅花問屋の主人が自分に瓜二つと知って、その商人に成りすましたつもりが、実は身代わりに利用されていて命を奪われ、哀れな最期を迎えるというお話です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/29 18:09
今夜は三軒茶屋で『ベッジ・パードン』観劇
まどか:れなです。今日は泊りの勤務が明けてから1度帰宅して、入浴と2時間ほどのお昼寝を済ませた後に、再び電車に乗って三軒茶屋まで出掛けて、世田谷パブリックシアターで絶賛上演中の三谷幸喜さん作『ベッジ・パードン』を観てきました。収容人員は700名ほどと大きくはない劇場ですが、6月6日〜7月31日と長期間の公演日程にも関らず、早々に完売して場内には立ち見のお客さんも多数並ぶ大盛況となっています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/28 23:35
5月最後の観劇は北陸への遠征でした
まどか:れなです。昨日は金沢市の北國新聞・赤羽ホールでOSK日本歌劇団『バーン・ザ・パッション』の公演を楽しんできました。地図で確認した限りでは徒歩30分程度と考えて、金沢駅から歩いて会場まで移動するつもりでしたが、生憎の雨でバスに切り替えて赤羽ホールに向かいました。土日と祝日なら駅から全区間100円のバスが10分間隔で発車しているので、もしお出掛けする機会があれば皆さんも是非利用してくださいね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/30 09:24
昨日は新国立劇場で『陰陽師』を観ました
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。昨日は新国立劇場でミュージカル『陰陽師〜Light and Shadow〜』を観てきました。会場になっているのは「中」と付いているものの、座席を全て使うと1200人以上収容出来る中劇場です。ただし普段は可動壁で区切ってあり、使用しない客席は表に出ていません。それでも東京地区で主にお芝居が上演される中ホールでは大きい施設だけに、1階席後方と2階の空席が目立つのは仕方ないでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/16 13:30
『春のおどり』はOSK創立90周年の2012年へ
まどか:れなです。東京から遠征して観劇した今年の『春のおどり』も、4月10日18時前に幕を下ろしました。今回が退団公演となった珂逢こころさんが、胸に花を飾って登場したパレードに寂しさは募りましたが、私は最後まで涙を我慢して見届ける事が出来ました。初めて行った武生の菊人形公演で、ダンスのポーズを決めながら客席にビシビシと視線を飛ばす姿に、これがOSKの娘役さんなのだと感動した思い出は絶対に忘れません。 2011年の『春のおどり』では、本チラシとポスターの画像から娘役さんが消えていて、「男役... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/11 07:27
昨夜は宙組東京公演で今年の初観劇でした
まどか:れなです。私にとって2011年の初観劇は、昨夜(1月12日夜)の宙組による東京宝塚劇場公演『誰がために鐘は鳴る』でした。現場からの報告ですので記事の初めに書いておきますが、今まで経験した歌劇団の公式ファン組織「宝塚友の会」優先公演では珍しく寂しい動員状況になっていました。2階のS席などは半分にも及ばず、恐らくは3分の1程度しか埋まっていなかったと思います。素晴らしい作品なのに残念です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/13 10:29
宙組公演『誰がために鐘は鳴る』の感想です
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。宙組による『誰がために鐘は鳴る』は、今日12月13日で大劇場公演の幕を下ろし、2011年の元日から東京宝塚劇場に舞台を移します。1930年代のスペイン内戦を描いた作品ですが、大掛かりな場面転換が無く、また登場するのが共和国側の軍人やゲリラに絞られて、政権を掌握して行くフランコ将軍派の人物が姿を見せない奥行き不足は否めません。もちろん幸福な結末など待っておらず、また直ぐに観たくなるお芝居ではありませんね。それでも『誰がために鐘は鳴る』には、劇場に足を運ぶ価... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/13 15:40
城田トートが誘う怪しい世界(伊礼さんも虜に)
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。2010年の帝劇『エリザベート』には、御大・山口祐一郎さんに加えて石丸幹二・城田優のお2人も新たにトート(死)役で出演しています。3か月近くに及ぶ長期公演も折り返しに差し掛かった辺りで、私はやっと城田さんのトートを初体験してきました。宝塚での日本初演から15年近く、東宝による上演が始ってからでも丁度10年が経過して、そろそろ『エリザベート』に飽きた人もいるでしょうが、この新トートは過去の歴史に無い別次元の美しさで、観劇可能な皆さんには必見だと自信を持って... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/18 09:25
やっぱり『美女と野獣』が好きです!
まどか:れなです。東京・大井町に四季劇場[夏]が誕生してから2ヶ月、初めて劇場に足を踏み入れて『美女と野獣』を観てきました。私は京都劇場まで出掛けていたので久々ではありませんが、東京での上演は15年ぶりとなる人気ミュージカルの再登場とあって、開幕以来盛況が続いていますね。交通の便が良く、幅広い層に受け入れられる華やかな作品ですし、劇場が出来て街が賑わう様子を眺めるのも嬉しいものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/11 11:06
『ガラスの仮面』第2作を観てきました
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。夕方までお仕事の後で、さいたま芸術劇場へとプチ遠出して2年ぶりの続編となる『ガラスの仮面』を観てきました。職場の最寄り駅からJRの京浜東北線に乗車し、途中の赤羽駅で埼京線に乗り換えて、与野本町で降りればトコトコ歩いて数分後には会場に到着します。17時過ぎに職場を発って劇場に入ったのが18時半でしたから、やっぱり遠いのが難点ですね。因みに自宅に帰ったのは23時半でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/20 08:35
OSK南座公演と『ロミジュリ』他で遠征
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。いつも通りに夜行バスで往復して、京都・大阪まで観劇遠征に出掛けて来ました。今回の目的はOSK日本歌劇団の南座公演(2回)、星組の『ロミオとジュリエット』、そして劇団四季の『コーラスライン』です。四条大橋から見た鴨川の濁流に驚愕したり、徒歩での移動には傘が手放せなかったりで、夏の京都を存分に楽しんだとは言い切れませんが、劇場内では十分に満ち足りた時間を過ごす事が出来ました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/16 10:40
月組『スカーレット・ピンパーネル』の感想
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。宝塚大劇場での開幕以来、連日盛況で高評価を得てきた月組『スカーレット・ピンパーネル』も、東京宝塚劇場公演の千秋楽が間近になりました。人気集中する中で私の観劇回数は計3回と多くはありませんが、この作品を通じて得た現在の月組への印象も含めて、感想を書き残しておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/30 11:00
黒執事の東京公演を観てきました!
まどか:れなです。今日は赤坂にあるACTシアターで行われていた舞台版『黒執事』第2作の東京公演最終日でした。場内を埋め尽くした大勢のお客さんに見守られながら、幾らか悪ふざけが過ぎるように感じる場面はあったものの、タップリな娯楽性と締める部分も忘れないで、とても楽しい2時間半に満足して赤坂を後にしました。東京に続いて15・16日は愛知県春日井市、21〜23日は大阪公演もありますよ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/09 21:11
映画『Up(カールじいさんの空飛ぶ家)』の感想です
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。クリスマス〜お正月公開の映画では『アバター』と『ワンピース』のヒットが群を抜いていて、私が紹介した作品はかなり控えめな興行成績に留まっているようです。誤解の無いように予め書いておきますが、先に挙げた2作品が詰まらなかったという趣旨の批判記事ではありませんので、その他の人気を集められなかった映画に関する感想の1つとだけ捉えてもらえると嬉しいです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/15 18:11
2009年秋・花組東京宝塚劇場公演の感想
すみれ咲く国へようこそ。問題の花組公演を東京宝塚劇場で観てきました、まどか:れなです。もともと感想を書くのは苦手ですし、ダラダラ長いのも申し訳ないので、印象を箇条書きにして済ませる事にします。上演順としては後になるショウ『EXCITER!!』(作・演出 藤井大介)から。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/11 23:27
宝塚歌劇:月組公演の感想と私案
すみれ咲く国へようこそ。宝塚大劇場で観てきた月組公演の感想を書く事にしました、まどか:れなです。内容の詳細は他の方のブログで読んでもらう事にして、私は一点に絞って記事を始めます。それはショウの最後に展開されるパレードで背負う羽根の違いです。今回の公演を観終った時に、瀬奈じゅんさんと霧矢大夢さん、城咲あいさんと羽桜しずくさんの羽根の差が気になりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/19 22:16
時期外れに宙組博多座公演の感想
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。もう博多座の千秋楽から1週間になろうとしていますが、思うところがあって今を選んで感想を掲載します。私にとって初めての博多座で観た新トップでの宙組は、良い劇場に充実した作品と好演が揃って、本当に素晴らしい観劇体験になりました。同一メンバーでの再演は考え難いのですが、もし機会があればTV放送やDVDを通してでも鑑賞をお奨めします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/31 16:58
お知らせ+月組『エリザベート』の感想
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。月組『エリザベート』東京公演の感想を書く前に、ちょっとしたお知らせを掲載しておきます。別名義の分も含めて、ブログ内容の見直しを検討した結果、こちらでアニメや特撮の話題を扱う量が増える事になりました。舞台に関わる時間を減らす訳ではありませんので、私が浮気に走ったなどとは考えないで下さいね。もともと好きなのに、このブログで取り上げる機会が少なかっただけです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/03 19:02
『ブラックバード』東京公演の感想
すみれ咲く国へようこそ。お知らせ以外は10日ぶりの記事になりました、まどか:れなです。今回は東京・三軒茶屋にある世田谷パブリックシアターで観た『ブラックバード』の感想を短く書きます。各方面で大活躍中の内野聖陽さんと、10代半ばから映画を中心に活動している伊藤歩さんによる「ほぼ」2人芝居です。客席の埋まり方は厳しかったですが、観ていて楽しいお話ではありませんし、仕方の無い結果かも知れません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/31 11:43
関西遠征の締めは星組大劇場公演
すみれ咲く国へようこそ。いよいよシリーズも最終回を迎えました、まどか:れなです。本当はケガを押して出演している凰稀かなめさんについて書きたいのですが、延々と批判ばかり並べ立てた記事では自分でも読みたくないので、皆さん御存知の事として繰り返さずに済ませようと決めました。完治には程遠く、今後どんな災厄を招く結果になるか分かりませんが、新生星組を賞賛する姿勢で残りの記事を書き進めるとしましょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/21 22:46
花組公演・梅田+バウの感想です
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。この記事を書いている7月20日は、先日までの関西遠征で観劇したOSKの南座・花組の梅芸MH・同じく花組のバウ、以上3公演の千秋楽になっています。OSKの感想は既に独立した記事で載せましたので、今回は花組の梅田『ミー・アンド・マイ・ガール』とバウ『フィフティ・フィフティ』を観ての印象を書き残しておく事にしましょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/20 14:25
桜咲く国 さく〜ら さ・く・ら♪♪
すみれ咲く国へようこそ。南座バンザイ! OSK最高! まどか:れなです。きっと素晴らしい出会いが待っていると信じていましたが、私を迎えてくれた京都・四條南座も、その舞台上で花開くOSK日本歌劇団の皆さんも、期待を遙かに超えた夢の時間を与えてくれました。ピンクの傘が開いて閉じて、クルクル回って、「桜咲く国」のメロディと歌詞が頭から離れません。OSKが存続していて本当に良かったです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/17 16:03
宙組・東京宝塚劇場公演の感想です
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。もう先月のお出掛けでしたが、私が2度目の観劇を済ませてきた宙組の東京宝塚劇場公演の感想を書いておきましょう。今回上演されているのは前半が正塚晴彦さんの作・演出によるお芝居『薔薇に降る雨』、後半のショウは『Amourそれは・・・』(作・演出は岡田敬二さん)です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/04 17:49
終了した舞台の感想×2公演
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。私は劇場に出掛けても感想を書かずに済ませてしまう方が多いくらいで、短くても観劇の報告を小まめに載せるブロガーさんとは大違いですよね。余り書かずにいて本当に行っているか疑われないように、今回は6月下旬に観た公演の感想を2つ書き残しておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/29 12:08
月組『エリザベート』を大劇場で観ました
すみれ咲く国へようこそ。48時間の関西遠征を敢行してきました、まどか:れなです。観てきた公演は3つあるのですが、5月27日限りの『その男』と定番『美女と野獣』は後回しにして、先ず今回は宝塚大劇場で上演されている月組『エリザベート』の話題を掲載します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/27 15:12
雪組東京公演で気付いた事
すみれ咲く国へようこそ。東京宝塚劇場での雪組『風の錦絵/ZORRO』観劇が終了しました、まどか:れなです。2つの演目とも固定ファン以外に分かり易く作られていて、宝塚歌劇には大掛かりな大衆演劇としての要素が必要だと考えている私にとっては、とても納得のいく公演だったと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/21 15:22
もう直ぐ千秋楽:星組東京公演の感想です
すみれ咲く国へようこそ。更新回数が少なくても忘れないでください、まどか:れなです。余り遅く掲載すると千秋楽まで観ての感想を期待されそうなので、星組『マイ・ディア・ニューオリンズ/ア ビヤント』の記事を済ませておきます。既に2ヶ月近い公演期間を重ねてきた作品ですから、多少のネタバレは構わないと考えて、結末に触れた記述を含めて書く事にします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/21 17:34

トップへ | みんなの「感想」ブログ

すみれ咲く国へようこそ(webry版) 感想のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる