アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「OSK日本歌劇団」のブログ記事

みんなの「OSK日本歌劇団」ブログ

タイトル 日 時
神戸小劇場のOSK〜宝塚は月組公演開幕
まどか:れなです。一昨日7月13日には、初進出となる神戸の小劇場シアター・エートーでのOSK日本歌劇団公演が始まって、続く14日は宝塚歌劇・月組の大劇場公演が開幕しました。各回ごとの規模を比較したら、座席数には1:26の大きな開きがありますが、開催の意義・内容に対しての興味では、神戸の小劇場も負けません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/15 11:25
OSK:上島雪夫さんの『ロミジュリ』秋・上演
まどか:れなです。たけふ菊人形公演に参加しないメンバー全員の出演ではありませんが、OSK日本歌劇団では2016年・秋に別の主要公演も明らかになりました。上島雪夫さんが手掛ける『ロミオとジュリエット』です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/01 17:05
OSK:8月〜9月のアート館・三越劇場公演
まどか:れなです。ちょうど1週間後には、新橋演舞場で『夏のおどり』が始まりますが、次にOSK日本歌劇団が東京の劇場に登場する公演について、現時点の最新情報を紹介しておきます。ダンスが楽しめそうですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/25 10:00
OSK:2016たけふ菊人形は高世さん主演
OSK:2016たけふ菊人形は高世さん主演 まどか:れなです。私が観劇遠征で地元を離れている間に、博品館で『紅に燃ゆる』を上演する皆さん以外にもOSK日本歌劇団は東京で活動していて、あと1か月余りに迫った新橋演舞場『夏のおどり』の会見が開催されました。そして松竹座『春のおどり』〜『夏のおどり』に続いて、現トップスターの高世麻央さん主演で、2016年たけふ菊人形公演の速報が歌劇団の公式サイトに掲載されています。今年は色々と変化の多い菊人形公演ですね。 OSK日本歌劇団 『たけふ菊人形グランドレビュー2016』   出演:高世麻央 ほか ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/28 06:30
OSK2016年『夏のおどり』が今朝から発売
OSK2016年『夏のおどり』が今朝から発売 まどか:れなです。OSK恒例の大阪松竹座公演『春のおどり』が今日を含めて残り2日間となり、同じ和洋2本立てで東京・新橋演舞場に登場する『夏のおどり』はチケット一般発売を迎えました。難波の松竹座で観劇した皆さんからは、特に困惑したような感想は届いていないので、私は安心して演舞場のチケットを購入出来そうです。 OSK日本歌劇団公演 『レビュー夏のおどり』  第1部 花の夢 恋は満開 作・演出・振付:花柳基  第2部 Take the beat ! 作・演出・振付:名倉加代子  出演:高世麻央... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/07 13:45
OSK大阪松竹座2016『春のおどり』画像も
OSK大阪松竹座2016『春のおどり』画像も まどか:れなです。OSK日本歌劇団による大阪松竹座『レビュー 春のおどり』本画像が、松竹の公式サイトに掲載されましたね。公演情報の内容は以前からの通りですが、新画像と合わせて紹介します。 OSK日本歌劇団公演 『レビュー春のおどり』  第1部 花の夢 恋は満開 作・演出・振付:花柳基  第2部 Take the beat ! 作・演出・振付:名倉加代子  大阪松竹座 2016年5月1日(日)〜8日(日)   11時00分/15時00分開演(全16回)  料金:1等席 8,500円 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/22 10:50
OSK:『カンタレラ』まで1週間+新『狸御殿』
OSK:『カンタレラ』まで1週間+新『狸御殿』 まどか:れなです。3月までのOSK日本歌劇団公演から、大阪で1週間後に開幕を迎える『カンタレラ』と、手を加えての再演となる『狸御殿』を紹介します。『カンタレラ』は2月中旬から、東京の博品館劇場でも上演予定に。 ミュージカル 『カンタレラ2016 〜愛と裏切りの毒薬〜』  【大阪公演】 ナレッジシアター          2016年1月30日(土)〜2月7日(日) 全17回 【東京公演】 博品館劇場          2016年2月18日(木)〜21日(日) 全8回 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/23 14:00
OSK南座公演を英語で紹介する画像を1枚
OSK南座公演を英語で紹介する画像を1枚 まどか:れなです。京都・南座のフェイスブックで、OSK日本歌劇団による公演(11月18日〜24日)を英語で紹介する画像が公開されました。OSKに限らず、過去にもあったのでしょうか? もちろん今まで知らなかった驚愕の事実など、英語版独自の情報は掲載されていませんが、こんな紹介も新鮮で興味深いですね。独自に進化したスタイルなので、日本らしい舞台ですよね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/28 14:25
OSK版『カンタレラ』本チラシ前の速報画像
OSK版『カンタレラ』本チラシ前の速報画像 まどか:れなです。公式サイトの情報更新に気付かなくて紹介が遅れましたが、OSK日本歌劇団版『カンタレラ』の新しい速報チラシ画像が公開されています。予定通りなら10月下旬以降には情報量が増えそうですね。 『カンタレラ』に関する情報は、増加後に再度掲載するとして、OSKでは3月の予定も一部明らかになっていますね。今春上演された『狸御殿』が会場をドーンセンターからOBP円形ホールに移して、再び真麻里都さんの主演で登場します。『狸御殿』2016年公演続報も、『カンタレラ』同様に私のブログで開幕まで追い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/19 12:15
OSK:10月アート館でOG参加のコンサート
OSK:10月アート館でOG参加のコンサート まどか:れなです。2015年10月のOSK日本歌劇団は、小劇場の近鉄アート館でOGも参加してのコンサートを開催します。ただし、17日(土)の16時回のみOGは出演せず、牧名ことりファイナルコンサートを含めた別内容となりますので、OSKファンの皆さんは十分に注意してください。 『OSKミュージックスタジオ+牧名ことりファイナルコンサート』   演出:北林佐和子  出演:高世麻央、桐生麻耶、真麻里都、虹架路万、恋羽みう、     白藤麗華、愛瀬光、舞美りら、翼和希、千咲えみ      + ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 05:15
OSK:2015南座公演は松竹座演目を再び
OSK:2015南座公演は松竹座演目を再び まどか:れなです。11月に開催されるOSK日本歌劇団の南座公演は、6月の大阪・松竹座『春のおどり』と第1部・第2部とも、同じ演目を上演すると明らかになりました。 『OSK レビュー in Kyoto』(新トップスター高世麻央お披露目)   第1部 〜 『浪花今昔門出賑』 構成・演出・振付:山村友五郎  第2部 〜 『Stormy Weather(ストーミー・ウェザー)』 作・演出:荻田浩一  出演:高世麻央、桐生麻耶、牧名ことり、折原有佐、真麻里都、悠浦あやと、     楊琳、虹架路万... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 05:10
OSK:悠浦さん幸村の大阪分新画像を公開
OSK:悠浦さん幸村の大阪分新画像を公開 まどか:れなです。悠浦あやとさんが真田幸村を演じるOSK日本歌劇団『紅に燃ゆる』の大阪・大丸心斎橋劇場公演で、他の一部配役も載った新しい画像が公開されました。 OSK日本歌劇団 大丸心斎橋劇場公演   『紅に燃ゆる〜真田幸村 紅蓮の奏乱〜』  作・演出:はやみ甲 音楽:松岳一輝  出演:悠浦あやと〜真田幸村役、楊琳〜霧隠才蔵役、     朝香櫻子(特別専科)〜淀の方役、遥花ここ〜真田利世役、     香月蓮〜真田信之役、城月れい〜猿飛佐助役、     華月奏、実花もも、由萌ななほ、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/26 12:10
簡単な観劇報告:2015『春のおどり』その2
まどか:れなです。カーテンコールは3度幕が上げられて、「桜咲く国」を繰り返した後、挨拶だけで最後の幕が下りました。今後のスケジュールに関する告知も、同じ松竹で11月後半に開催される京都・南座公演に触れただけで、新情報の解禁はありませんでした。既に公演予定は詰まっているので、私個人としては安堵しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/07 19:00
簡単な観劇報告:2015『春のおどり』その1
まどか:れなです。まだ男役スターさん5名によるお喋り&抽選イベントが待っているのですが、とりあえず2015年『春のおどり』観劇1回目の感想を書き残しておきます。合間に独立したご挨拶を挟むので、実質3部構成の公演は、OSK作品を初担当した荻田浩一さん作・演出による第2部が良い出来栄えで、とても嬉しかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/06 18:55
OSK:『春のおどり』初日と11月に南座公演
OSK:『春のおどり』初日と11月に南座公演 まどか:れなです。今日6月1日にOSK『春のおどり』が初日を迎えて、歌劇団の全メンバーが揃う11月後半の京都四條・南座公演の予定も解禁されました。 【2015年6月3日 画像を追加】 OSK日本歌劇団 京都四條・南座公演 『レビュー in Kyoto』  出演: 高世麻央、桐生麻耶、牧名ことり、折原有佐、真麻里都、悠浦あやと、     楊琳、虹架路万、恋羽みう、白藤麗華、愛瀬光、舞美りら、遥花ここ、     香月蓮、和紗くるみ、城月れい、華月奏、翼和希、麗羅 リコ、実花もも、    ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/01 11:45
OSK:新世代の真田幸村が9月公演に登場
OSK:新世代の真田幸村が9月公演に登場 まどか:れなです。OSKの舞台で真田幸村といえば桜花昇ぼるさんだと、キャストの固定された状態が何年も継続していたので、特にOSKファンというよりも桜花さん個人を応援してきた人にとっては、容易には受け入れ難い公演予定の発表かも知れませんが、2015年9月の大阪・大丸劇場公演では、新世代の幸村が登場します。 OSK日本歌劇団 大丸心斎橋劇場公演   『紅に燃ゆる〜真田幸村 紅蓮の奏乱〜』  作・演出:はやみ甲 音楽:松岳一輝   ※松岳(まつおか)さんは桜花さんの幸村作品も担当  出演:... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/28 05:10
2015年9月・OSK三越劇場公演が発表に
2015年9月・OSK三越劇場公演が発表に まどか:れなです。OSK日本歌劇団から、2015年9月の東京・三越劇場公演が発表されました。2月・近鉄アート館での2部構成による演目が、一部キャストは交代するものの、東京で観られるのは本当に嬉しいですね。OSKの新体制が勢いに乗って、次は『春のおどり』に続く主要劇場公演情報が明らかになるよう期待しています。 【2015年5月31日 画像を追加】 OSK日本歌劇団 三越劇場公演   『若さま隠密道中〜若狭之介参上〜/I’ve got Jazz』  出演:高世麻央、桐生麻耶、真麻里都、虹架路... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/23 06:00
いよいよ明日OSK『春のおどり』発売日です
まどか:れなです。いよいよ明日4月27日は、待望のOSK日本歌劇団公演『春のおどり』(松竹座)チケット一般発売日です。今年は春と名乗るには遅くて、6月最初の1週間に開催されますが、新トップスター高世麻央(たかせ・まお)さんお披露目公演であり、第2部で荻田浩一さんが初めてOSKの演出を手掛けるのも注目ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/26 10:20
4月2日のOSK『狸御殿』初日ニコ生中継は
まどか:れなです。一度は予定を立てたものの、結局また都合が悪くて観劇出来なくなった、OSK日本歌劇団『狸御殿』の初日を、ニコニコ生放送のライブ中継で視聴した感想を書き残しておきます。お芝居の内容ではなく、中継に対する苦情になってしまうので、『狸御殿』の中身に関心のある人は、他所のブログ記事を参照してください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/03 10:25
ブロードウェイミュージカルライブ2015速報
まどか:れなです。昨年は開催されませんでしたが、2015年版『ブロードウェイ・ミュージカルライブ』の情報が解禁されたので、簡単に紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/25 13:20
OSK2015『春のおどり』に荻田浩一さんが
OSK2015『春のおどり』に荻田浩一さんが まどか:れなです。新トップスター・高世麻央さんの正式お披露目公演『春のおどり』は、やっと本チラシ画像が公開されて、詳しい公演情報も明らかになりました。解禁された中で注目したいのは、第2部を荻田浩一さんが担当する点でしょう。宝塚歌劇団時代から独特の作風で有名だった荻田さんの起用で、トップスター交代だけに留まらない、OSK日本歌劇団の新時代が明確に示されるかも知れません。6月の松竹座本番が大いに楽しみです。 OSK日本歌劇団 『レビュー 春のおどり』 トップスター 高世麻央 お披露目  大阪松竹... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/17 18:55
宝塚OGの出雲綾さんがOSKと急接近中?
まどか:れなです。出雲綾さんといえば、宝塚歌劇の歴史を代表する歌姫で、圧倒的な美声を響かせていた星組時代から、合間の専科に在籍した時期を挟み、宙組・月組で管理職を務めた現役後半まで、華やかさ・豊かな実績には、主演路線以外の娘役出身者として、肩を並べるOGは殆どいないと、自信を持って断言可能です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/08 14:05
OSKの『プリメール王国物語』が7月に再演
OSKの『プリメール王国物語』が7月に再演 まどか:れなです。2014年11月の近鉄アート館公演『プリメール王国物語』が、早くも7月に再演されると発表がありました。 OSK日本歌劇団 『プリメール王国物語 〜愛の奇蹟〜』 作・演出:Ri-ya  出演:緋波亜紀(特別専科)、悠浦あやと、楊琳、舞美りら、     華月奏、実花もも、千咲えみ、美月あんじゅ、桃葉ひらり、     すばる未来、登堂結斗、天輝レオ  近鉄アート館(あべのハルカス・ウイング館8階)      2015年7月23日(木)〜27日(月) 全9回  料金:SS... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/07 12:10
OSK:朝香櫻子さんの特別専科異動を発表
まどか:れなです。OSK日本歌劇団で人事面の大きな動きがありました。主に桜花昇ぼるさん(2014年夏退団済み)の相手役として、OSK娘役の筆頭に位置してきた朝香櫻子さんが、特別専科に移籍したと発表されています。今後はトップスターや、公演ごとの主演者と組む機会は無くなるかも知れませんが、また違う立場で魅力を発揮してくれる事でしょう。そして、代わりに相対的な地位を高める娘役さんが誰なのか、大きな注目点ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/03 16:25
6月上旬・7月上旬に関西観劇遠征するなら
まどか:れなです。私にとって、2015年最初の観劇遠征は2月下旬の名古屋で、月組『風と共に去りぬ』と、最終盤を迎えた劇団四季『美女と野獣』を観に行くのですが、その後に検討中の遠出に関しては、ほぼ確定的な分を含めて計画の段階です。記事作成の時点で大変に有力な候補が、6月上旬と7月上旬の関西遠征ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/22 14:05
2015年OSK『春のおどり』から速報画像を
2015年OSK『春のおどり』から速報画像を まどか:れなです。まだ詳しい公演内容は不明ですが、新トップスター・高世麻央さん単独の速報画像だけ紹介しておきます。 OSK日本歌劇団 『春のおどり』   大阪松竹座 2015年6月1日(月)〜7日(日)  料金:1等席 8,500円 2等席 4,500円    ※発売日は記事の作成時点で未発表 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/07 18:00
OSKの2015『春のおどり』やっと開催発表
まどか:れなです。OSK日本歌劇団の大阪松竹座『春のおどり』が、2015年は6月上旬開催と発表されましたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/27 19:00
OSK・OGの南座公演で詳しい内容が発表
まどか:れなです。2015年お正月に、京都の南座で2日間限定で上演されるOSK・OG公演で、詳しい内容が発表されましたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/13 10:05
OSK公演情報その2〜クリスマス特別公演
OSK公演情報その2〜クリスマス特別公演 まどか:れなです。12月17(水)〜19日(金)+25日(木)という変則日程で開催される、OSKクリスマス向け公演の詳細が明らかになりました。私は現在まで縁がありませんし、きっと今後も無関係に過ごすと思いますが、会場となるのは大阪ばかりでなく、全国各地で大規模展開している結婚式場なのですね。とても華やかそうです。 50分間のショーは歌+トークでOSKの2014年を振り返るもので、上演された3作品の再演ではありません。日程だけではなく、出演者も入れ替わるので、画像に掲載された内容を確認してから、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/06 11:10
OSK公演情報その1〜11月・近鉄アート館
OSK公演情報その1〜11月・近鉄アート館 まどか:れなです。OSKの11月・近鉄アート館公演『プリメール王国物語』からチラシ画像を紹介しましょう。レオナード王子役で主演する、悠浦あやとさんのヴィジュアルは圧倒的ですね。でも、歌声だって素敵なんですよ。 OSK日本歌劇団 『プリメール王国物語』 近鉄アート館   2014年11月22日(金)〜24日(日) 毎日11時/15時開演   出演:悠浦あやと、楊琳、舞美りら、緋波亜紀(特別専科) ほか全13名  料金:SS席 7,000円 S席 6,000円      A席 5,000円... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/06 05:50
北陸〜関西の秋季遠征日程が確定しました
まどか:れなです。現在の私は、3ヶ月に1度しか観劇遠征に出られない立場なので、目標を絞り込んで計画を立てていますが、やっと秋季日程が確定しました。北陸〜関西に移動しながら、3日間の観劇を楽しむ予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/04 07:25
今回のOSK三越劇場公演は観に行きません
まどか:れなです。私がOSK日本歌劇団を応援していると知っている皆さんは、三越劇場公演中なのに取り上げないのを変だと感じているかも知れません。実は1週間前の関西遠征で東京でも上演される『炎舞』という作品を観て、余りの酷さに三越劇場回避を決めました。この『炎舞』の作者=吉峯暁子氏には、今年1月の高石公演でも問題外の愚作を見せられていて、ミュージカルと銘打った吉峯作品が組み込まれた公演には、今後何があっても行きません。駄目なものに対して明確な×印を示すのは、応援する立場で履行すべき義務だと私は思いま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/15 11:05
OSK日本歌劇団/宝塚歌劇団は棲み分け中
まどか:れなです。宝塚歌劇だけを絶対視する硬直化した愛好家の中には、OSKや他の歌劇団に対して差別的な態度を取ったり、最初から知らない(知りたいとも思わない)人が少なくないようです。逆にOSKファンでも宝塚歌劇への極端に屈折した感情に支配されて、幅広く均等な捉え方で接するのが困難な場合も見られますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/08 18:35
OSK新橋演舞場公演は二日目を迎えました
まどか:れなです。私は泊まり勤務に入るので今日の舞台は観劇出来ませんが、OSK日本歌劇団・新橋演舞場公演は、3日間の日程で中日を迎えました。連日の猛暑で、近所まで出掛けるだけでも身体的な負担が大きいのに、今回の公演はOSKの地元である関西などから、遠征で集結している観客も相当多いので、体調の管理は余計大変ですよね。でも何とか雨は避けて桜花さんの退団公演を終えられそうで、その点は少し安心しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/02 11:30
私には他の人と違う意味で決戦の6月25日
私には他の人と違う意味で決戦の6月25日 まどか:れなです。ブラジル方面の蹴球系の話題で、6月25日が気になって仕方ない人は、控えめに見積もっても数百万単位でいると思いますが、私にとって同じ一日は、全く違う意味で決戦を迎える水曜日となります。 OSK日本歌劇団 『夏のおどり』   新橋演舞場 2014年8月1日(金)〜3日(日) 全6回公演  料金:S席(1・2階席) 9,000円 A席(3階席) 5,000円      2014年6月25日(水) チケット一般発売開始 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/22 17:20
関西の演舞場・歌舞練場から宝塚やOSKへ
まどか:れなです。東京・東銀座の歌舞伎座から至近距離に、同じく松竹系の新橋演舞場があります。現在の歌舞伎座に建替え工事中は、歌舞伎公演のメイン会場として使用された施設で、迫り・盆(回り舞台)・花道など、日本の伝統的な舞台様式を備えた劇場ですね。東京宝塚劇場が完成する前は、宝塚歌劇団が東京公演の会場として利用していた時代もありましたし、今年の8月初めには3日間の短期公演ですが、OSK日本歌劇団も初登場する予定です。少女歌劇の日本式レヴュウは、歌舞伎仕様の舞台機構が基本で、これは自然な流れですね。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/22 07:45
9月の関西遠征案が大筋で固まってきました
まどか:れなです。5月の上旬に、花組『エリザベート』大劇場公演と絡める形で、関西遠征を敢行するプランについて記事を書きました。その頃はOSKの公演予定が明らかでなかったため、どの舞台作品との組み合わせが最適か迷っていましたが、先日入った情報で考えは確定に向かいました。新たに発表されたOSKの公演は、9月6日・7日に京都・先斗町歌舞練場、20日〜28日には大阪の大丸心斎橋劇場で予定されています。合間の9月中旬には、東京の三越劇場でも公演があるので、関西に出掛けなければ観劇不可能な作品ではないですが... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/11 14:20
2014年9月のOSKは京都から3都市公演
【公開当初に多くの誤りがあった点をお詫びします】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/09 15:05
OSK近鉄アート館開幕〜大丸劇場発売開始
まどか:れなです。5月25日に例年よりも遅い『春のおどり』を終えたOSK日本歌劇団では、今日から3日間に全6回の『カルディアの鷹』が近鉄アート館で開幕となります。2月・3月に大丸心斎橋劇場で上演したばかりの作品で、今回は再演ではなく、追加公演という表記が珍しいですね。長くOSKを応援している皆さんの中には、かつての親会社ながら支援を打ち切って、歌劇団を消滅の危機に追いやった近鉄の関連施設だと、多少意欲が削がれる人もいると思いますが、関西圏を基盤とする限りは、避けていたら公演の機会を失って勿体無い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/07 14:05
いよいよ5月15日にOSK『春のおどり』開幕
いよいよ5月15日にOSK『春のおどり』開幕 まどか:れなです。例年に比べて1ヶ月遅れで、歌劇団を象徴する桜のイメージからは離れた印象も拭えませんが、とても大切な2014年のOSK『春のおどり』は、いよいよ5月15日(木)に大阪松竹座で幕を開けます。 私のOSK観劇歴は、現在のトップスターである桜花昇ぼるさんが就任して以降なので、まだ歌劇団を去ってしまう実感が伴わないのですが、とても現実的な話し方をするなら、スターの退団興行は歌劇の人気を支える重要なイベントなので、ここで成功を収めなければ、桜花さんトップ時代の全体的な価値が損なわれる恐れ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/14 06:50
OSK:8月・新橋演舞場と7月公演の画像も
OSK:8月・新橋演舞場と7月公演の画像も まどか:れなです。先日は6月の近鉄アート館公演を画像付で紹介しましたが、8月の東京・新橋演舞場『夏のおどり』と、その前の7月・大阪公演でも紹介可能な形で画像が解禁されましたので、早速記事にしておきます。 レビュー『夏のおどり』   第1部:桜花抄 第2部:Au Soleil 〜太陽に向かって〜  出演:桜花昇ぼる、高世麻央、朝香櫻子、桐生麻耶、緋波亜紀、牧名ことり、折原有佐 ほか 全33名  東京・新橋演舞場 2014年8月1日(金)〜3日(日) 全6回  料金:S席(1・2階席) 9... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/09 12:45
OSK:『カルディアの鷹』近鉄アート館公演版
OSK:『カルディアの鷹』近鉄アート館公演版 まどか:れなです。2〜3月に大丸心斎橋劇場で上演されたばかりのOSK『カルディアの鷹』が、久々に復活した近鉄アート館を会場にして再演ではなく、追加公演という名目で6月上旬の3日間に6回だけ再登場します。 当初公演のチラシは大変に凝っていてビックリしたのですが、この追加公演分も従来のOSK公演とは印象が違いますね。小劇場での短期公演とは思えない重量感があります。例年より1ヶ月遅い『春のおどり』(5月15日〜25日)直後で私は大阪まで行けませんので、いつか予定を組み易い東京地区でも上演して欲しい作... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/06 18:25
OSK:1年前の4月上旬は東京・日生劇場で
まどか:れなです。1年前の今頃、2013年4月5日〜8日の東京・日生劇場では、OSK日本歌劇団による『春のおどり〜桜咲く国』が開催されていました。いつの間にか季節は4つ通過して、今年の桜はOSKのレビューと共には訪れませんでしたが、ちょうど365日後の2014年4月5日から、今年の『春のおどり』(大阪松竹座)が一般発売を開始しています。90周年を締め括る初の日生劇場公演で、応援する側も気合が入った昨年と、トップスターの桜花昇ぼるさんを見送らなければならない今年では、私が感じる気持ちの熱さも質は違... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/06 14:05
OSK『春のおどり』:チケット購入が無事完了
まどか:れなです。発売初日を迎えた他の公演と重なると、希望通りの日時・座席位置での購入が難しくなる心配があったので、主催者である松竹のネット販売ルートを利用して、2014年5月のOSK『春のおどり』チケット確保は完了しました。拍子抜けするほど簡単に終わってしまいましたが、千秋楽以外にも完売回は出るでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/05 10:15
OSK:2014『春のおどり』発売まで1週間に
OSK:2014『春のおどり』発売まで1週間に まどか:れなです。昨年まで4月開催で定着していたOSK松竹座公演『春のおどり』が、今年は5月15日〜25日の上演となるため、3月下旬でもチケットの一般発売は始まっていません。4月後半だった昨年(2013年)は3月5日の発売開始でしたが、今年はちょうど1ヶ月遅くなって、次の土曜日・4月5日に一般発売開始を迎えます。 OSK日本歌劇団 レビュー『春のおどり』 大阪松竹座          2014年5月15日(木)〜25日(日)  席種・料金:1等席 8,500円 2等席 4,500円   ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/29 17:30
OSK:『春のおどり』と舞美りらさん外部出演
OSK:『春のおどり』と舞美りらさん外部出演 まどか:れなです。やっとOSK『春のおどり』本チラシの画像が公開されました。楽しいだけの公演ではないのですが、こうして画像に触れると観劇意欲が高まります。そして同じ大阪松竹座で、『春のおどり』から4ヵ月後に上演される『道頓堀パラダイス』(9月)には、OSKの現役娘役である舞美(まいみ)りらさんが外部出演します。 OSK日本歌劇団 レビュー『春のおどり』          2014年5月15日(木)〜25日(日)   料金:1等席 8,500円 2等席 4,500円          4月... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/18 18:55
OSK:8月・演舞場公演確定(桜花さん出演)
まどか:れなです。かなり前から確度の高い情報として流れていましたが、OSK日本歌劇団による新橋演舞場公演が確定しましたね。2014年8月1日〜3日の日程で、金曜スタートの週末3日間公演となります。短いと感じるかも知れませんが、創立90周年の締め括りとして開催された2013年4月の日生劇場公演でも、東京の大型劇場進出は4日間の実績だけですから、演舞場での3日間を決して控えめ過ぎる日程編成だとは思いません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/17 12:45
OSK:2014『春のおどり』日程が確定です
OSK:2014『春のおどり』日程が確定です まどか:れなです。1日前の夕方に、夕刊紙に掲載された松竹座の広告を根拠にした日程情報を紹介したばかりですが、今日の午後に入って劇場公式サイトも更新が行われ、昨日の記事に相違ない内容となっています。 OSK日本歌劇団 大阪松竹座公演 『レビュー 春のおどり』   日程:2014年5月15日(木)〜25日(日) 《全19回》    昼:12時開演 夜:16時開演 (初日は14時開演のみ)  一等席 8,500円 二等席 4,500円 4月5日(土) 一般発売開始 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/30 16:25
2014『春のおどり』は5月15〜25日に開催
まどか:れなです。まだOSK日本歌劇団や会場となる松竹座の公式サイトには情報が出ていませんが、夕刊紙(関西版)の掲載広告で2014年のOSK『春のおどり』は5月15日(木)〜25日(日)開催と明記されているそうです。残念ながら私は東京在住のため、夕刊紙面を直接確認出来ませんが、OSK日本歌劇団を熱烈応援する関西のファンが発信元ですから、この日程情報に沿って観劇計画を立て始めても間違いは無いと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/29 18:10
やっと2014『春のおどり』(5月)速報が発表
やっと2014『春のおどり』(5月)速報が発表 まどか:れなです。なかなか詳細な情報が公開されず、多くのファンを困惑させている2014年のOSK『春のおどり』ですが、やっと5月開催と速報が発表になりましたので、公式のチラシ画像を掲載して紹介しておきます。 ただし、『春のおどり』5月開催が確定して分かり難くなったのが、2013年まで夏に京都の南座で上演してきた次の全体公演です。昨年同様の8月だと藤山直美さん主演『八月喜劇夏祭り』で既に埋まっており、2012年までその定位置だった7月なら同じ関西地区で、2ヶ月という短期間にメンバー総出演の公演を... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/09 15:15
OSK:高世さん中心に2月は大丸劇場公演
まどか:れなです。大好評のクリスマス・ディナーショーに続いて、高世麻央さんメインで開催されるOSK日本歌劇団の公演は、2014年に入って2月下旬からの大丸心斎橋劇場で上演されます。9日間公演と長めですね。 この公演はOSK90期生8名の舞台実習も兼ねているのですね。かなり有望視されても定着率が低くて、歌劇の世界で生き残るのは相当厳しい戦いだと思いますが、正式入団から3年・5年・10年と活躍を続けて、OSK公演には欠かせないスターに成長して欲しいですね。ところで大丸心斎橋劇場で上演される『カルデ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/13 15:25
OSK:2014『春のおどり』の開催時期は?
まどか:れなです。今日は大阪松竹座で2014年4月に上演されると速報が流れていた、新世代のスーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』の日程が明らかになりました。でも今回の記事はそちらの公演に関する情報の紹介ではなく、発表された日程(5日〜20日)から、OSK日本歌劇団『春のおどり』の開催時期を考えてみようという企画です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/30 14:40
OSK菊人形公演が本日千秋楽を迎えました
まどか:れなです。10月3日から39日間・全90回も続いた公演なのに、私の観劇は最終日の2回限りでしたが、たけふ菊人形でのOSK日本歌劇団による恒例のステージは、今年も楽しい思い出を増やしてくれました。心配された天候は雨こそ降っていたものの、移動中や入場を待つ間に強風で困るような事態は避けられたので、何日も前から気にかけていた予報の悪さからすれば、むしろ「安堵した」と言えるほどの穏やかさだったと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/10 16:55
OSK:斑鳩公演の世にも不思議な先行予約
まどか:れなです。OSKのトップスター桜花昇ぼる(おうか・のぼる)さんが地元に凱旋する恒例の斑鳩公演が、2014年にも開催されると歌劇団から発表がありました。私は時期が合わないので行けませんが、OSKや桜花さん個人を熱心に応援しているファンなら、毎年の観劇を欠かさず斑鳩に通っている人も多いのでしょうね。 ところで、OSKの公式サイトでは歌劇団のファンクラブ「桜の会」会員向け先行予約を11月10日と11日に実施すると告知しているのですが、貼り付けた画像で「チケットのお求め方法」の部分に明示されて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/11/01 18:50
福井県出身で少女歌劇の娘役さんといえば
まどか:れなです。宝塚歌劇団の全5組では娘役のトップに北陸地方の出身者が何と3名も就任していて、富山から来た夢咲ねね・愛加あゆ姉妹が星組と雪組でトップを務めている他に、月組娘役の現役トップ・愛希れいかさんが福井県坂井市出身で活躍中です。中卒〜宝塚音楽学校を経て入団5年目=大学に進んでいたら4年生に相当する愛希さんだって若いですが、OSKに入ったばかりの穂香めぐみさんも福井県出身の新人娘役です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/17 11:05
OSK:新たな公演の予定が発表されました
まどか:れなです。三越劇場〜大丸心斎橋劇場の舞台を9月23日で終了したOSK日本歌劇団から、来年1月に開催される短期公演の予定が発表されました。たけふ菊人形と高槻現代劇場からの流れを継ぐ公演ですね。 ☆たけふ菊人形公演 越前市文化センター・中ホール      2013年10月3日(木)〜11月10日(日) ☆高槻現代劇場公演 大阪府高槻市文化ホール(中ホール)      2013年12月15日(日) ☆高石公演 大阪府高石市・市民文化会館アプラ大ホール      2014年1月18日... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/24 11:45
OSK東京・三越劇場公演が開幕しましたが
まどか:れなです。OSK日本歌劇団にとって、今回で4度目の登場となる三越劇場での公演が幕を開けました。激しさは控えめで、じっくり味わってもらう作品のような気がしますが、ダンスの素晴らしさは十分に感じられますので、他とは違うOSKらしい舞台を求めるファンの期待には十分応えてくれていると思います。東京では16日までが公演期間で、再び3連休となる次の週末には、同じ作品・出演者が大阪の大丸心斎橋劇場でも観られます。私は関西まで追いかけられないので、東京での観劇を最大限に楽しみたいと考えていますが、何と台... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/14 00:10
OSK:9月〜11月公演の情報が一挙公開
まどか:れなです。まもなく6月30日(日)から四條南座公演のチケットが一般発売されるOSK日本歌劇団ですが、なかなか明らかにならなかった9月以降の予定も一気に発表がありました。東京・三越劇場〜大阪・大丸心斎橋劇場、3ヶ月に及ぶオ・セイリュウ出演、そして毎年恒例の福井県「たけふ菊人形」の3班体制ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/26 06:50
OSK:大丸劇場は終盤+南座の発売間近
まどか:れなです。OSK日本歌劇団は、桜花昇ぼるさんを中心に6月23日(日)まで大阪・大丸心斎橋劇場での公演中で、観に行った人たちがブログに書いた感想に目を通してみると、残念ながら今回は主に2部構成の後半(演出・振付は芹まちかさん)に対して批判的な意見が多いようですね。4月初めの日生劇場を最後にOSKの舞台から遠ざかっている私は、そろそろ取り残された寂しさに捕らわれ始めていますが、もし遠征可能な観劇体勢だったとしても、この大丸心斎橋劇場公演に限っては、満足して東京に戻るのが難しかったかも知れませ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/20 07:55
OSK:三越劇場公演(9月)の発売情報など
まどか:れなです。OSK日本歌劇団による大阪松竹座公演『春のおどり』が終わりましたね。私は現地に行けませんでしたが、大盛況だった東京の日生劇場公演に続いて、大阪版に変わっての新しい場面や、公演数を重ねて加わった深みなど、素晴らしい舞台に仕上がり幕を下ろしたようで、今後に向けた期待が益々高まります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/29 22:05
OSK日本歌劇団:2013年5・6・8月公演情報
まどか:れなです。東京・日生劇場での公演に続いて、例年より遅くなりますが大阪・松竹座でもOSK日本歌劇団は『春のおどり〜桜咲く国』を上演します。関西で待っていた人たち、東京から追いかける皆さんなど、難波には全国各地のOSKファンや歌劇愛好家が集まるでしょうね。私は大阪まで見届けられないのが残念です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/12 12:15
OSK:今日の昼公演で日生2度目の観劇
まどか:れなです。今日は泊まり勤務が明けてから日比谷に移動して、日生劇場で上演中のOSK『春のおどり』を観て帰りました。初日に続いて今回の公演で2度目の観劇です。ダンスの動きは奥行きを含めて楽しみたいので、私は普段高い位置の座席を確保する機会が多いのですが、短期間に繰り返し観る点も考慮して、1階席に座って舞台上(一部に客席降りもあり)を眺めていました。やはり踊って踊って踊り倒すOSKの迫力は、2階席以上の方が伝わると思いますが、1階は座席が多い分だけお客さんに囲まれている感覚が強くなりますね。考... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/07 17:20
4日間限定でOSKが宝塚歌劇のお隣りに
まどか:れなです。OSK日本歌劇団の東京・日生劇場公演『春のおどり』が始まりました。日生劇場が入っている建物は東京宝塚ビルの並びですので、4月8日まで4日間限定ではあるものの、OSKのお隣りが宝塚歌劇という近所関係が成立します。以前の記事にも書いた通り、全団員さんの参加が基本になる東京公演の会場には、舞台機構の点から新橋演舞場や明治座の方が相応しいと私は考えているのですが、実際に日生劇場での上演が始まってみると、お隣り同士で歌劇団の競演という話題性豊かな設定にも大きな魅力がありますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/05 22:00
OSK東京・日生劇場公演は開幕間近です
まどか:れなです。私が応援しているOSK日本歌劇団の東京公演は、2013年4月5日(金)に日生劇場で開幕します。少女歌劇の時代から培ってきた公演スタイルからすれば、規模の近い新橋演舞場や明治座に比べたら「最適」とは言えない会場ですが、輝かしい歴史と圧倒的な品格を誇る日生の舞台で成功を収めれば、今までOSKを無視・軽視・蔑視してきた可哀相な人たちにも、強く再考を促す絶好の機会になると期待しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/31 18:35
OSK:8月・四條南座公演の日程が明らかに
まどか:れなです。例年より3週間遅れで開催されるOSK京都公演の日程が発表されましたね。いつも7月中旬は四條南座のOSKと梅芸MHの宝塚歌劇を絡めて遠征していましたが、2013年に関しては宝塚(今年は月組)のメインホール公演が5月になり、OSKも8月に移動して毎年お決まりのパターンが崩れてしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/28 12:10
東京『春のおどり』は2月20日(水)発売開始
まどか:れなです。私が応援しているOSK日本歌劇団にとって、初めて進出する日生劇場公演『春のおどり』一般発売開始が、記事を書いている時点から2日後の2月20日(水)に迫りました。4日間・6回限りの公演ですが、まだ東京での実績十分とは言えないOSKですので、歌劇の世界に興味がある皆さん、華やかなステージが大好きな方々には、1度・2度・3度と積極的に日比谷の日生劇場まで出掛けてもらえると本当に助かります。 歌劇にはOSKもあるから、関西まで出掛けるついでに1度観ておこうと立ち寄った京都・南座公演で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/18 12:35
OSK:『熱烈歌劇2013〜歌劇のススメ〜』
まどか:れなです。OSK公式サイトで2月なんば公演のチラシ画像が掲載されましたので、私のブログでも紹介します。2月8日(金)〜10日(日)に全5公演が予定され、3席種のチケットは昨年末から一般発売中です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/17 09:05
OSK:春〜秋に3公演の予定発表(詳細不明)
まどか:れなです。演目・出演者とも不明で、ただ何月何日に何処の劇場で上演されるのか明らかになっただけですが、OSK日本歌劇団の5・6・9月公演予定が一気に発表されましたね。初進出の会場はありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/09 11:20
OSK:2月の地元公演は12月26日発売開始
まどか:れなです。90周年を締め括る東京・日生劇場での公演と毎年恒例の大阪・松竹座公演が、2013年4月には共に『春のおどり』のタイトルで待っているOSK日本歌劇団ですが、まだ春には早い2月にも大阪・難波に登場します。全団員が揃う訳ではないものの、メイン公演で中核を担うメンバーなど出演者が多くて、現時点で明らかな活動予定としては、2012年春から始まった90周年記念の地元版最終公演となるのに相応しそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/22 15:10
OSK:クリスマスより前にも京都のホテルで
まどか:れなです。京都でのホテル催事出演といえば、OSK日本歌劇団はクリスマスの時期にディナーショウが予定されていますが、それとは別の会場で秋の企画(1日限り)も発表になりました。告知画像を紹介します。この種の催しに私は一切参加していませんが、昼の第1部が終ったら午後は秋の京都を散策して、また夕方から食事とOSKのステージを楽しむなんて、想像している限りでは素晴らしい思い出を残してくれそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/05 19:10
既に気持ちは2013年春の日生劇場へ
まどか:れなです。今日からOSKの三越劇場公演が始まりましたが、桜花さんたちの演じる姿を視界に捉えながらも、私の気持ちは既に2013年4月の日生劇場に飛んでいるように感じます。今日は画像も出ましたね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/07 20:00
2013年4月の日生劇場まで90周年公演中
まどか:れなです。OSK日本歌劇団が大好きな私でも、必ず全ての公演に満足して会場を去る訳ではありませんが、7月17日に千秋楽を迎えた2012年の京都・南座公演は、間違いなく私の欲求を満たしてくれる素晴らしい歌劇の舞台が展開されていました。余計な事など一切考えないで、このまま来年4月の日生劇場まで疾走を続けてくれたら、私には地元・東京でOSKの夢の中に過ごす至福の日々が待つ最高の春となりそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/18 17:10
OSK:桜花さん中心の9月公演が発表に
まどか:れなです。私は気付くのが遅くなってしまいましたが、OSK日本歌劇団から9月公演(東京・大阪)と恒例の「たけふ菊人形」に参加するメンバーが発表されましたね。今回は9月公演の方に絞ってお伝えします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/01 18:58
4月21・22日遠征の終了報告です
まどか:れなです。2012年初だった今回の遠征では、松竹座で4月12日〜22日に上演されていたOSK日本歌劇団『春のおどり』を観てきました。感想文は苦手ですので簡単な報告だけを掲載しておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/23 07:58
OSK:2012南座公演の日程・発売日発表!
まどか:れなです。『春のおどり』が開幕したばかりのOSK日本歌劇団ですが、7月の南座公演についても詳しい日程やチケットの発売情報が発表されましたので、私のブログでは画像と併せて紹介します。 日程:2012年7月7日(土)〜17日(火) 12時〜/16時〜                       《9日・13日は12時〜のみ 全20公演》 料金:1等席 8,000円 2等席 4,000円 一般発売開始/5月30日(水) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/13 17:25
2013年4月に日生劇場で『春のおどり』東京公演!
【速報】 OSK公式サイトより転載します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/09 16:00
OSK三越劇場公演の初日に行きました
まどか:れなです。今日はOSK日本歌劇団による三越劇場公演の初日を観てきました。嘘を書きたくないので正直に報告すると客席はガラガラで、何処かのブログに書いてあった通り、8年半ぶりに開催された昨年9月の東京公演で「祭り」は終って、これからが本当に力が試される段階なのでしょう。それにしても直前まで広報活動は皆無だったので、東京での活動実績が少ない現在の経営陣は、昨秋の成功で過度に楽観視していたのかも知れません。今日は平日でしたし、きっと週末にかけて動員状況も改善してくれると私は期待しています。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/22 20:15
OSK90周年の南座公演(速報画像です)
まどか:れなです。OSK日本歌劇団の7月四條南座公演の速報画像が出ましたので紹介します。 90周年を記念する今年の公演期間は7月7日(土)〜17日(火)の11日間で、松竹座での『春のおどり』(4月12日〜22日)と同様に、例年よりも長い設定となっています。祇園祭にOSK日本歌劇団の舞台が加わって、今年もまた京都に暑い夏がやって来ますね。もちろん私は4年連続での京都公演観劇を果たすつもりです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/07 14:40
2月26日にクルマで東京を目指す皆さんへ
まどか:れなです。OSK日本歌劇団の『ADDIO(アッディーオ)/Dance of JOY』は、第1弾となる大阪ドーンセンターでの公演を終了して、2月22日(水)〜26日(日)には東京・日本橋の三越劇場に進出します。さらに3ヶ月先は昨年5月に続く金沢公演も待っているのですが、とりあえず今回は東京最終日に関するお知らせです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/15 13:10
2月のOSK三越劇場公演に向けて(チラシ画像も)
まどか:れなです。2012年2月に開催されるOSK三越劇場公演のチラシ画像がネット上に流れ始めましたので、私のブログでも紹介しておきます。 OSK日本歌劇団 『ADDIO/Dance of Joy』 東京公演 2012年2月22日(水)〜26日(日) 日本橋・三越劇場(三越本店6階) 料金:7,500円(全席指定) 2012年1月3日(火)一般発売開始 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/17 11:26
OSK:2012年『春のおどり』の公演日程発表
まどか:れなです。創立90周年を迎えるOSK日本歌劇団の大阪松竹座と京都南座での2012年公演日程が決まりました。詳細は順次明らかになると思いますが、公式サイトに掲載された日程は以下の通りです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/12 12:35
武生から帰って1週間以上経ちました
まどか:れなです。早いもので私がOSK日本歌劇団の公演を観るため、越前市武生を訪ねてから1週間以上が過ぎました。そして長いと思って開幕を迎えた菊人形も、11月6日の最終日まで10日余りを残すばかりとなっています。トップスターの桜花昇ぼるさん中心の公演は、昨年に引き続いて連日大盛況を記録していますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/25 22:59
OSKから新公演『アッディーオ』の予定発表!
まどか:れなです。頭の中だけでは整理が難しいくらい、次々に公演予定が明らかになっているOSK日本歌劇団ですが、大阪地区では新規の企画であり、東京・三越劇場の第2弾として予告されていた公演でもある作品が発表されました。大阪とサンクトベテルブルクの姉妹都市提携を記念した名作『女帝を愛した男』に続いて、今度はイタリア・ミラノとの友好関係を祝う新作で、ヴェルディのオペラを基にした『アッディーオ』という作品です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/23 12:14
OSK:たけふ菊人形開幕と新しい公演の情報
まどか:れなです。今年も越前市武生で菊人形が開幕しましたね。私が応援しているOSK日本歌劇団は、例年通りに期間中(10月1日〜11月6日)は平日2回、土日祝日3回のステージに登場しています。予定している遠征までは2週間ほどありますが、遠く東京にいても私の心は菊人形会場に飛んで、もうイベントに参加しているような気分です。もちろんOSKの公演が一番の目標ではあるのですが、5月には金沢からの帰りに立ち寄ってしまったくらい、武生の町そのものが大好きなので、また素敵な思い出を増やせるのが楽しみでなりません... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/02 11:39
祝!OSK東京公演千秋楽&来年2月も三越劇場で
まどか:れなです。9月15日に開幕した三越劇場でのOSK東京公演は、本日18日12時開演分で無事に全日程を終了しました。連日場内は大盛況で、OSKや旧SKDの関係者だけでなく、宝塚歌劇のOGや演劇界のスターさん達の姿も見られたようです。歌劇団の更なる発展に向けて、先ずは素晴らしい楽日を祝いましょう! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/18 16:09
OSK:2011年の菊人形公演(大きめの画像で)
まどか:れなです。OSK日本歌劇団が出演する「たけふ菊人形」に関しては、私のブログでも何度か紹介していますが、今日は新たに入手した大きめの画像で再度お知らせしておきます。昨年はOSK登場30回を記念してトップスター・桜花昇ぼるさんが出演して、例年を上回る大盛況となりました。そして菊人形が節目を迎える2011年も、桜花さんが再び越前市武生のステージに立ちます。龍馬に続いて今年は織田信長ですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/09 09:24
OSK『心斎橋らぷそでぃ』のチラシ画像です
まどか:れなです。9月15日〜18日の8年半ぶりとなる東京公演に参加するメンバー14名のうち、高世さん中心に6名と人数は少なくなりますが、10月末には大阪心斎橋へと会場を移して新たな公演に臨みます。初日の金曜日は18時半開演で、土日は12時からと16時からが設定されていて、これなら地元に住んでいるファンの皆さんは足を運び易いですよね。『心斎橋らぷそでぃ』のチケット一般発売は9月1日(木)開始です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/30 19:06
正しくは「大丸心斎橋劇場」ですよ
まどか:れなです。会場名と日付だけ発表されていた10月末の公演に関して、OSK日本歌劇団から詳細が明らかにされました。なおOSKの公式サイトでは「心斎橋大丸劇場」と表記していますが、正しくは「大丸心斎橋劇場」です。他に似た名称の劇場がある訳でもないので、お客さんが間違える心配は無いだろうと思いますが、大丸心斎橋店の北館14階にあって、お店と同じ名前ですのでファンの皆さんは正確に覚えてください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 13:24
OSK:2011年の南座公演を振り返って
まどか:れなです。OSK日本歌劇団による京都四條南座での公演は、昨年までの『レビュー in KYOTO』から名称を改め、新たに『虹のおどり』として2011年7月11日〜18日に上演されました。『虹のおどり』は1928年にOSK(当時は松竹楽劇部)が東京に遠征し、浅草の松竹座で公演を行った際のタイトルで、2012年に創立90周年を迎える伝統と、秋以降に控える東京進出に向けた意欲を感じさせる名前になっていると思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/24 22:51
2011年も武生は桜花さん&東京公演が決定!
まどか:れなです。帰宅してみたらOSKの公式が大変な事になっていて、8月からの公演予定が一気に発表されていました。実際には8月から来年の1月末まで、日付と会場だけの速報を含めて6公演が明らかになった中から、ここでは2つに絞ってお伝えします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/12 19:21
今朝はOSK南座公演のチケットを購入しました
まどか:れなです。今朝の6時前に北陸遠征から帰宅した私は、その後もOSK日本歌劇団から離れる事は無く、10時に始まった一般発売で7月の京都・南座公演のチケットを購入しました。希望通りの日程と座席の位置で、今回の成果には何の不満もありません。アッサリ買えて寂しがったら我が儘過ぎますよね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/30 23:27
5月最後の観劇は北陸への遠征でした
まどか:れなです。昨日は金沢市の北國新聞・赤羽ホールでOSK日本歌劇団『バーン・ザ・パッション』の公演を楽しんできました。地図で確認した限りでは徒歩30分程度と考えて、金沢駅から歩いて会場まで移動するつもりでしたが、生憎の雨でバスに切り替えて赤羽ホールに向かいました。土日と祝日なら駅から全区間100円のバスが10分間隔で発車しているので、もしお出掛けする機会があれば皆さんも是非利用してくださいね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/30 09:24
OSK南座公演『虹のおどり』(チラシ画像です)
まどか:れなです。5月30日(月)の一般発売開始直前になって、やっとOSK日本歌劇団の南座公演『虹のおどり』をチラシ画像で紹介する事が出来ます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/25 19:38
『春のおどり』はOSK創立90周年の2012年へ
まどか:れなです。東京から遠征して観劇した今年の『春のおどり』も、4月10日18時前に幕を下ろしました。今回が退団公演となった珂逢こころさんが、胸に花を飾って登場したパレードに寂しさは募りましたが、私は最後まで涙を我慢して見届ける事が出来ました。初めて行った武生の菊人形公演で、ダンスのポーズを決めながら客席にビシビシと視線を飛ばす姿に、これがOSKの娘役さんなのだと感動した思い出は絶対に忘れません。 2011年の『春のおどり』では、本チラシとポスターの画像から娘役さんが消えていて、「男役... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/11 07:27
OSK:7月京都公演の画像と日程発表です
まどか:れなです。恒例となっているOSK日本歌劇団による7月の京都南座公演について、先行のチラシ画像と日程が公表されました。まだ演目は明らかになっていませんし、チケットの一般発売日も情報に含まれていませんが、こうして目に見える形で確認出来ると気持ちが盛り上がってきますね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/01 19:20
『バーン・ザ・パッション』大阪公演は2週連続で
まどか:れなです。既に5月13日(金)〜15日(日)の日程が発表されていたOSK『バーン・ザ・パッション』大阪公演ですが、次の週末にも連続して同パターンの編成で上演される事が明らかになりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/26 20:20
2011年OSK『春のおどり』新画像です
まどか:れなです。2011年のOSK日本歌劇団『春のおどり』チラシ画像が新しくなりましたので、簡単ですが私のブログでも紹介します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/29 14:45
「OSK日本歌劇団〜舞台を愛する乙女たち〜」
まどか:れなです。関西の光回線を通じて放送されたOSK日本歌劇団の特別番組が、2011年2月末までの期間限定でネットを通じても視聴可能となっています。今秋の「たけふ菊人形」公演を目指すメイキング番組の形態で、OSK団員の様々な表情に触れられる貴重な映像だと思います。視聴ページは下に貼り付けたリンクから進んでください。全部で45分と長いですが、歌劇だけでなく舞台公演に興味のある方は是非どうぞ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/09 13:28
祝!OSK日本歌劇団2011年の南座公演決定
まどか:れなです。2011年もOSK日本歌劇団の南座公演が行われると発表がありました。既に春の定期公演とも言える大阪・松竹座は確定しており、これで秋の「たけふ菊人形」まで、現在のOSKが基盤としている3大公演は来年も安心して待つ事が出来そうです。京都四條の南座は最近妙な話題で注目を集めましたが、伝統ある建物で周囲から眺めるだけでも楽しいですし、もちろん観劇すれば更に満足を得られる会場です。そして2009年の7月、私が初めてOSKのステージを観た記念の場所でもあるんですよ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/04 22:15
『女帝を愛した男』のチケット購入しました
まどか:れなです。今日10月28日からOSK日本歌劇団の『女帝を愛した男』一般発売が始まりました。この後で別途追加購入する予定もあるのですが、とりあえず私は1回分を押さえて遠征の準備を進めています。同時期に宝塚大劇場で公演を行っている宙組の『誰がために鐘は鳴る』と併せての観劇となります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/28 19:53
2011年OSK春のおどり開催決定!
チケットの一般発売は2011年3月5日(土)に開始予定です。もちろん私は行きますよ! (今回は告知のみですのでコメント欄は閉じておきます) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/22 19:10
秋の越前を駆け足で訪ねて来ました
まどか:れなです。現在OSK日本歌劇団は、10月2日から11月7日まで、福井県越前市で開催されている「たけふ菊人形」に出演中です。OSKを応援している私も先日お邪魔して来ました。今年は菊人形公演が始まって30周年の節目でもあり、OSKを代表する男役・桜花昇ぼるさんが、トップ就任以来初めて武生の劇場に登場しています。菊人形全体をPRするポスターも中心は桜花さんで、それも手伝ってか連日大盛況のようですね。私が観に行った日も本当に大勢のお客さんが詰め掛けていました。充実の舞台に皆さん納得の表情です。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/19 19:38
世界館2階稽古場の案内動画です
まどか:れなです。大阪の小劇場・世界館ではOSK日本歌劇団も数々の公演を行ってきました。今回はその世界館内部を紹介する動画を掲載します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/16 22:14
2010年たけふ菊人形の開幕まで1ヶ月
まどか:れなです。福井県越前市では毎年10月から11月にかけて、大掛かりな菊人形祭りが催されています。「龍馬と越前」をテーマとする2010年の菊人形は、10月2日(土)から11月7日(日)までが開催期間です。展示された菊を眺めて、場内のジャンクフードで満腹になるのも楽しい時間の過ごし方ですが、何といっても期間中の毎日、平日は2回、土日・祝日は3回公演でOSK日本歌劇団のステージが観られるのは魅力的ですよね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/02 19:41
南座公演を終えたOSKは上海万博へ
まどか:れなです。大好評の内に京都南座での公演を終了したOSK日本歌劇団のメンバーの中で、トップスターである桜花昇ぼるさん他、合わせて8名は7月23日から上海万博日本館のステージに登場します。この上海遠征では、遣唐使だった阿倍仲麻呂を題材に取り上げた音楽劇『NAKAMARO』が上演されます。 画像は阿倍仲麻呂(桜花昇ぼる)・楊貴妃(牧名ことり)と玄宗皇帝(桐生麻耶)として出演する皆さんです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/18 21:19
OSK:いつか来る男役世代交代と『三銃士』
まどか:れなです。現在のOSK日本歌劇団で男役の中核を形成するのは、桜花昇ぼる(おうか・のぼる 1993年初舞台)、高世麻央(たかせ・まお 96年)、桐生麻耶(きりゅう・あさや 97年)の皆さんです。宝塚の感覚だと1〜3番手と呼ばれる立場でしょう。歌劇団全体のトップスターは桜花さんですが、団員さんが分れての公演では、それぞれが主演を務める形で舞台が構成されています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/11 17:25
秋葉原でスタス(STAS)の公演を観ました
まどか:れなです。5月30日に秋葉原のUDXシアターでスタスの若手公演を観てきました。率直な感想として、料金4,000円は少し高かったですね。特に痛感したのが男役の難しさです。ダンスの上手な女性が舞台に立てば、そのままで格好だけは娘役になります。でも男役は完全に作って演じる世界で、OSKから若手のレンタルが必要だと思いました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 19:46
今日からOSKとスタスの公演が始まります
まどか:れなです。もし岡雅史さんのARCADIA第一回公演と重なっていなければ、当然私も遠征していたハズのOSK日本歌劇団公演『バンディット!』が、今日から30日まで大阪ビジネスパーク円形ホールで上演されます。高世麻央さん演じる霧隠才蔵を中心に殺陣が見どころらしいですよ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/28 09:39
OSK:怒涛の公演スケジュール発表!
まどか:れなです。関西遠征から帰宅してOSK日本歌劇団の公式サイトを確認したら、公演スケジュールのページが凄い状態になっていました。種々の制約があって私は飛び石での観劇になるでしょうが、とりあえず情報提供を優先して、このブログでも8月以降の年内公演予定を紹介しておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/16 12:23
OSK次回公演のチラシ画像を掲載します
まどか:れなです。普通の記事を書く前に、4月11日で終了した『春のおどり』に続く、OSK日本歌劇団の次回公演をチラシ画像で紹介します。5月の末に大阪にあるOBP円形ホールで上演される『バンディット!』は、『YUKIMURA』で演じた霧隠才蔵役に高世麻央さんが再び挑みます。真田幸村に出会う前のお話だそうです。かなり強力な画像で記憶に残りますよね。公演は2部構成で、この『バンディット!』本編の前に7月の上海万博公演のプレイベントが組まれていて、桜花昇ぼるさん他の遠征メンバーが登場して、こんな内容にな... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/13 12:45
OSK『春のおどり』と花組『虞美人』について
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。特に大きな混乱も無く、関西への観劇旅行を終了しました。今回の遠征で観た舞台はOSK日本歌劇団の『春のおどり』と宝塚歌劇団・花組の『虞美人』でしたので、華やかな両公演に関する感想を掲載して私からの活動報告とする事にします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/11 10:40
OSK:『春のおどり』3月10日発売開始!
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。既にお馴染みのチラシ画像と共に、2010年のOSK日本歌劇団『春のおどり』一般発売開始のお知らせです。4月3日(土)〜11日(日)の9日間、大阪・難波の松竹座で上演される『春のおどり』は、3月10日の午前10時に発売が開始されました。松竹のネット・電話によるチケット販売や、松竹座・四條南座の窓口、チケットぴあ及び一部日程はイープラスでも前売り券を取り扱っています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/10 14:00
OSK関連で5月に2公演あって悩みそうです
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。今回はOSK日本歌劇団と、そのOGさんが出演する2つの公演が同じ月に前後して行われる事になって、両方には出掛けられない私は悩む他に無いというお話です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/27 15:10
花月真さんのコンサートは2月26日開催です
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。東京で暮らしていたら殆ど縁が無いのですが、阪急線の西宮北口駅に隣接して、兵庫県立芸術文化センターという大型施設が建っています。まだ完成して数年の新しさで、全体としては東京だと新国立劇場に近い印象があります。コンサート利用を考慮している点では新国立と若干性格が異なりますが、演劇や音楽の愛好家にとっては西のメッカに育ってゆく期待も可能だと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/21 19:56
今夜は2009年のOSK『春のおどり』をDVDで
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。新春公演『YUKIMURA』(1月22日〜24日)を終えたばかりのOSK日本歌劇団ですが、団員の皆さんは文字通りに休む間も無く、25日からは4月の松竹座『春のおどり』や2月6日の単発公演『聖徳太子絵巻』に向けたお稽古に戻っています。2月26日に兵庫県立芸術文化センター・中ホールで行われる、オペラ歌手・花月真さんのコンサートにも10人がゲスト参加する事になっていて、本当に目まぐるしい毎日だろうと思います。体調に気をつけて素晴らしい舞台にして欲しいですね。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/27 21:33
活動報告:新国立と今年最初の遠征終了
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。23・24両日のOSK日本歌劇団『YUKIMURA』をメインにした関西遠征を完了し、今朝帰宅しました。その前日には東京・新国立劇場でバレエ『白鳥の湖』を観ていたので、4演目・5公演を観劇して充実の3日間を満喫する事が出来ました。今回は簡単に報告を済ませておきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/25 11:14
OSK:速報! 2010年も南座公演決定
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。7月に上海万博出演が決まって、どの時期に行われるのか、そもそも公演自体があるのか不安もあったOSK日本歌劇団の京都・南座公演が、7月10日〜16日の日程で2010年も実施されると明らかになりました。四條に建つ伝統ある劇場・南座での公演は、昨年夏に私が初めてOSKと出逢った思い出もあるので、日取りまで分かって凄く安心出来ました。もちろん遠征決定です! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/10 11:45
2009年まどか:れなの演劇重大ニュース
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。今回はタイトル通りの観点から2つの話題を取り上げて記事を書いていきます。私にとって最も意義深く感じられた演劇界の出来事と、演劇関係で私自身に起こった最も大きな変化についてです。作品・公演の順位付けではないので誤解しないで下さい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/24 18:04
2010年7月、OSKは上海に飛びます
すみれ咲く国へようこそ。久し振りにOSK日本歌劇団の話題を紹介しましょう、まどか:れなです。最近は記事こそ載せていませんでしたが、毎日新しい情報をチェックして動向を見守っているので、ブログで空白を作ってしまった実感が殆どありません。今回は2010年の1・2月と4月に行われる関西での公演予定と、先日発表されたばかりの中国・上海公演のニュースをお伝えします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/19 18:52
OSKにあって宝塚に無いもの:成熟した娘役
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。11月25日に発表された宝塚歌劇団・花組の桜乃彩音さん退団情報に接して、ようやく本当にスターとして成長の証を示し始めた段階での幕引きに、このまま在団を続ければ観られたに違いない名舞台を想い描いて、悔しさを覚えた演劇ファンは少なくなかったと信じています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/29 20:22
OSK:11月21日『YUKIMURA』発売開始!
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。今回は夏に南座で観劇して以降、私が力を込めて応援しているOSKの公演チケット発売のお知らせを掲載します。このブログでも何度か取り上げてきたOSK日本歌劇団の新作ミュージカル『YUKIMURA』は11月21日に一般発売開始です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/20 09:21
OSK:武生の次は大阪冬の陣『YUKIMURA』
すみれ咲く国へようこそ。久々にOSK日本歌劇団の話題を取り上げましょう、まどか:れなです。1ヶ月を超える長い期間を走り終えて、29回目となる福井県越前市での菊人形公演が閉幕しました。観劇した方の報告によると、11月8日(日)の千秋楽は観客総立ちでの感動的なフィナーレを迎えたようです。今年は中盤で1度お邪魔しただけでしたが、2010年は最終日を含む2回の武生訪問を実現したいと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/11 02:31
近鉄撤退後のOSK横澤英雄作品一覧
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。2009年10月13日に、作・演出家の横澤英雄さんが79歳で亡くなりました。永年に亘って宝塚歌劇団で活躍し、OSK日本歌劇団の作品も手掛けていた方です。親会社だった近鉄が撤退し、解散からの再建を目指してきた新生OSKの公演でも多くの業績を残しました。ここでは私が愛読しているブログ「ミュージカル・歌劇 観劇日記」に掲載された、OSK存続の会主導による復活公演以降の作品一覧(劇場公演のみ)を紹介して、横澤先生を偲びたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/21 18:36
福井〜関西遠征の活動報告です
すみれ咲く国へようこそ。4日ぶりの更新になりました、まどか:れなです。私はブログをお休みしている間に、福井県越前市で行われているOSK日本歌劇団の公演〜宝塚大劇場の月組公演〜紅葉には1ヶ月早いですが秋の京都・嵐山散策を楽しんできました。嵯峨野で乗った観光用のトロッコ列車は、風を直接受けると凍えるほど肌寒く感じたものの、景色は確かに素晴らしかったです。通常こうした場合は「車窓からの風景」と表現しますが、私が乗ったのは壁も無い車両だったので、窓枠やガラスを通さない眺めだったのです。往復して1200円... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/16 10:08
2010年は「桜咲く国」誕生80周年です
すみれ咲く国へようこそ。まどか:れなです。今から79年前、1930年は歌劇(レヴュウ)の歴史を語る上で、絶対に忘れられない2つの楽曲がお披露目された年です。1つは欧州で書かれた曲に日本語の歌詞を付け、『パリゼット』で使われた「すみれの花咲く頃」、そして大阪の松竹座で行われていた第5回「春の踊り」に登場し、現在でもOSK日本歌劇団のテーマソングとなっている「桜咲く国」です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/25 23:38
港区波除という街と世界館を訪ねて
すみれ咲く国へようこそ。関西に行ってきました、まどか:れなです。前回私が大阪を訪れてから何ヶ月も経過していないのに、JR大阪駅〜阪急梅田駅の変貌は速いですね。どう進んだら目的地に辿り着けるのか、もう歩き慣れていた経路が無くなっていたりして、迷子になりそうな私でした。他にも大阪市内は近鉄・南海の中核駅地域で大規模な開発が進行中ですし、あと2・3年後には何処まで巨大化しているのか、ちょっと怖い気もします。6月に閉じた新歌舞伎座が次に入居する上本町駅の新築ビルも、近鉄による再開発の一環ですよね。 ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/23 09:13
今秋から来春までOSK最新情報を幾つか
すみれ咲く国へようこそ。東京からOSK日本歌劇団を応援しています、まどか:れなです。今年の秋から来年の春にかけて、公演やイベント出演の情報が発表されていますので、今回はOSKの話題を掲載します。なお公式サイトで取り上げている全ての催しを載せている訳ではありませんので、各公演の詳細等を含めて個人の責任で確認をお願いします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/06 22:15
桜咲く国 さく〜ら さ・く・ら♪♪
すみれ咲く国へようこそ。南座バンザイ! OSK最高! まどか:れなです。きっと素晴らしい出会いが待っていると信じていましたが、私を迎えてくれた京都・四條南座も、その舞台上で花開くOSK日本歌劇団の皆さんも、期待を遙かに超えた夢の時間を与えてくれました。ピンクの傘が開いて閉じて、クルクル回って、「桜咲く国」のメロディと歌詞が頭から離れません。OSKが存続していて本当に良かったです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/17 16:03
さあOSKの夏公演と祇園祭の京都へ!
すみれ咲く国へようこそ。関西遠征が迫ってきました、まどか:れなです。西に向かう=大劇場・バウ・梅田での宝塚観劇だった私が、5月下旬の遠征では閉館まで1ヶ月を残すのみだった難波・新歌舞伎座で上川隆也さん主演『その男』を観て、更に京都劇場で劇団四季の『美女と野獣』も体験して世界を広げました。今回も2日間に予定する演目の内で3つは宝塚歌劇団の公演ですが、最初に京都の四條南座で観るのはOSKですよ! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/13 20:41

トップへ | みんなの「OSK日本歌劇団」ブログ

すみれ咲く国へようこそ(webry版) OSK日本歌劇団のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる