すみれ咲く国へようこそ(webry版)

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ20周年でも『さくら』と『サクラ』で大違い

<<   作成日時 : 2016/12/31 13:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まどか:れなです。2016年は『さくら』と『サクラ』の20周年でした。『カードキャプターさくら』の雑誌連載スタート、そして『サクラ大戦』ゲーム1作目の発売が共に1996年で、どちらのタイトルもアニメ化が始まるのは翌年以降となるため、私が作品に直接触れたのは後の事ですが、大きな節目の1年が来たと考えていたのは確かです。

『カードキャプターさくら』は20周年に相応しく、中学生になった主人公の活躍する「クリアカード編」が連載に登場して、予告されていた新アニメも2018年1月に放送開始と告知がありました。放送局に監督、主な出演者などは変わりがなく、実際は生じていた15年以上の空白期間が、まるで存在していないような再始動に感じますね。

それに対して『サクラ大戦』の方は、20周年を謳ったイベントこそ幾つか組まれていたものの、特に目立って大きな動きは明らかにならなくて、2016年中には何か次につながる新情報が発表されると期待していた私は、正直なところ落胆が否めません。もう実演やアニメ新作などの展開は見込めないかも知れないと弱気になります。

でもTVアニメ第1シリーズ放送開始から20年の2018年に、『CCさくら』は再びNHKに登場するのですから、アニメがOVAの形で始まった『サクラ大戦も、その発売から20年を迎える2017年こそ、私にとって希望の感じ取れるニュースが流れるように、改めて強く願って気持ちを新たにします。どうか実演は再開されますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

同じ20周年でも『さくら』と『サクラ』で大違い すみれ咲く国へようこそ(webry版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる