すみれ咲く国へようこそ(webry版)

アクセスカウンタ

zoom RSS 北米『ハリー・ポッター』:ブロードウェイ直行

<<   作成日時 : 2016/08/02 09:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まどか:れなです。演劇ファン以外を含めた注目度としては、2016年最大の話題作と呼んで間違いのない舞台版『ハリー・ポッター』が、7月30日にロンドンで無事正式な開幕を迎えました。ソニア・フリードマンさんたち製作責任者の皆さんは、とにかく初日まではロンドン公演に集中してきましたが、重要な関門をクリアして次の目標に向けた活動が始まっています。英国で順調に滑り出せば、もちろん今後目指すのは北米地域の上演ですね。

私は知らなかったのですが、一部報道で北米はカナダ・トロントから始まるとの情報が流れたものの、根拠なしと完全否定されて、舞台『ハリー・ポッター』の北米公演は経由地を設けずに、米ブロードウェイ直行と明言されています。具体的な動きはこれからで、会場や上演開始時期など何も発表はありませんが、超人気タイトルが英語圏だけに止まるとは考えられないので、ブロードウェイ版のプランが明らかになる過程では、様々な国と地域での上演計画や大規模なツアー公演の予定など、『ハリー・ポッター』の世界は大きく広がりを見せていくでしょうね。

ハリー・ポッターの物語は舞台の『呪われた子ども』でお仕舞いでも、人気次第では次世代のストーリーを積み重ねたり、さらに後の時代が描かれる可能性だって考えられますし、その頃には「ハリー・ポッター」に代わって、関連作品全体を統括する題名が定められているかも知れません。ハリー個人の名前は、『スター・ウォーズ』世界でのルーク・スカイウォーカーと同じ意味合いに変わる可能性がありますね。想像するだけで楽しくなってきます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

北米『ハリー・ポッター』:ブロードウェイ直行 すみれ咲く国へようこそ(webry版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる