すみれ咲く国へようこそ(webry版)

アクセスカウンタ

zoom RSS 宙組ハプスブルク家の領地は東京の多摩?

<<   作成日時 : 2016/08/12 16:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まどか:れなです。2016年・宙組『エリザベート』新人公演で主演を務めるのは、トート役が瑠風輝(るかぜ・ひかる 2012年入団 東京都調布市出身)、エリザベート役・星風まどか(2014年入団 同国分寺市出身)というお二人ですね。他地域に暮らす皆さんに何も感じる部分は無いと思いますが、共に東京・多摩の出身なのです。

大都会に程遠いとはいえ多摩地域も東京ですから人口は多くて、宙組メンバー中に一定の割合を占めても当然なのですが、こんな風に若い新人公演主演コンビが揃って多摩地域出身だと、そこで生まれ育って現在も住んでいる私としては、どうしても地元感覚で応援したくなります。新人公演世代ではありませんが、国分寺と調布に挟まれた府中市の出身なら蒼羽りくさんがいますし、本公演で市長と病院長を演じている朝央れんさんと七生眞希さんは、多摩の稲城市出身の同期生で、つまり1つの町から二人も宝塚歌劇団に入団を果たした訳ですね。

現在は花組で娘役トップを務めていますが、かつては宙組所属で同じ地域の多摩市出身の花乃まりあさんは、TV番組『カフェブレイク』出演時に、東京とは思えない緑の多さを故郷自慢として語っていました。本当に自然環境に恵まれた場所で育った皆さんが多摩に来たら落胆するでしょうが、東京の基準だと植物は豊富で小さな生き物たちも多く、そんな環境で育ってきた者の1人として、やはり私も自慢したい部分だと感じています。それを理由に何でも縛り付けては寂しいですが、宙組ハプスブルク家の領地が多摩に広がっていると考えたら、作品が持つ圧倒的な魅力に加えて、2016年夏〜秋の『エリザベート』を愛しく思う気持ちが、もっともっと強くなるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

宙組ハプスブルク家の領地は東京の多摩? すみれ咲く国へようこそ(webry版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる