すみれ咲く国へようこそ(webry版)

アクセスカウンタ

zoom RSS キャナルシティ『美女と野獣』が閉幕しました

<<   作成日時 : 2016/08/29 09:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まどか:れなです。2016年8月28日(日)は、劇団四季による福岡キャナルシティ劇場『美女と野獣』の千秋楽でした。期間中158回の動員は15万人以上で、2014年『キャッツ』の165回/14万8千人を超えていますね。

劇団四季 福岡キャナルシティ劇場公演
 『美女と野獣』 2016年3月13日(日) 開幕〜8月28日(日) 千秋楽
 『リトルマーメイド』 2017年夏 開幕 
  ※2017年夏から3年間、劇場は劇団四季が専用化


私が5月に遠征観劇した頃は、目立って良い動員状況とは感じませんでしたが、千秋楽に向けて8月は盛り上がったようですね。近所の博多座では東宝版『エリザベート』が人気を集めていますし、やはり一本の作品が孤立して上演されるのではなく、同一マーケット内で互いを刺激する形で公演の組まれている方が、期間の長い公演だと注目度は高めに保ち易いでしょうね。そうなると年数限定で再び専用化状態に入ったら、博多座公演の人気具合もキャナルシティ劇場には大事な要因となりそうで、東宝の人気ミュージカルが多数必要かも知れません。

『リトルマーメイド』といえば、10月には名古屋四季劇場こけら落とし作品としても上演が始まりますが、福岡の分は愛知から移動するのではなく、来年4月9日に千秋楽を迎える夏劇場の東京公演が引っ越しします。そして『美女と野獣』も次の公演会場は決まっていて、11月12日(土)開幕の京都劇場公演が5月までの予定ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

キャナルシティ『美女と野獣』が閉幕しました すみれ咲く国へようこそ(webry版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる